やる気が起きない原因はそういうことだったんだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

●やる気が起きない原因はそういうことだったんだ。

こんにちは、心理カウンセラーの今泉智樹です。

早速ですが、やらなければならないことはあるのに、やる気が起きない。。

あなたもそんな経験ありませんか?

カウンセリングを受けに来られるクライアントさんにも、やっぱり「やる気が起きない」という悩みを抱えている方は非常に多いです。

 

やる気が起きなくなる原因とは?

 

では、どんな時に人はやる気が起きなくなるのでしょうか?

大きく言うと、3つのパターンがあると思います。

一つは肉体的に疲れている時

そしてもう一つは精神的に疲れている時

 

やはり人は疲れているとやる気が起きません。

だから、そんな時は無理せず休む。。

これがいちばんの対処法だと思います。

 

でも、もう一つ「別に疲れているわけではないけど、やる気が起きない、、、」という方もいらっしゃいます。

あなたもそんな経験ありませんか?

 

別に疲れているわけでもないのにやる気が起きない原因は?

 

精神的に疲れている。肉体的に疲れている。。だから、やる気が起きない。

確かに、疲れていたらやる気なんて起きないと思います。

でも、別に疲れているわけではないのにやる気が起きない。。

なぜそんなことが起こるのでしょうか?

 

偉そうに言っていますが、以前の僕はいつもやる気のない人間でした。

そんな僕の口癖は、、

「そんなのやっても無駄」

「めんどくさい」

「そんなに一生懸命やってもいっしょ」

「やるだけ損…」

常にそんな言葉を発し、何もやろうとしない。

「そんなの無駄」

「やってもいっしょ」

結果がでないことはやってもいっしょ。動くだけ無駄である。

そうやって、何もしないで、口だけわかったように言っていました。

今考えると恥ずかしい気持ちになりますが…

 

つまりやる気が起きない原因は、結果が伴わないから…

 

僕らは幼い頃から、いろんなことに挑戦して、何度も何度も失敗して成長して来ました。

自分の思った通りの結果がでたことなんて一度もない。。

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか??

 

そうやって、思うようにいかない現実を体験すると、僕らは

結果がでないことはやってもいっしょ。そんな思いが湧いてくる。

 

いかがでしょうか?

あなたもやる気が起きない時を振り返ってみると、僕と同じように「そんなことやったって意味がない。」「どうせ何も変わらない。」「そんなの無駄だ。」そんな気持ちになっていませんでしたか?

 

あなたはやる気が起きないままで本当にいいのですか?

 

このページにたどり着いたあなたは、きっとこのやる気が起きない状態をなんとかしたい。そう思われているはずです。

だって、あなたはもうわかっているのです。

「どうせいっしょ。」「やっても無駄。」そんなこと言っていても何も変わらないことを。。

 

あなたのやる気を起こすための2つのステップ

 

では、どうすれば、このやる気が起きない状態を脱却して、やる気を起こすことができるようになるのでしょうか?

実は、これには2つのステップが必要なんです。

まず最初のステップは

自分の中にいる結果がでないことを恐れている自分を見つけることです。

 

1st step 恐れている自分がいることを理解する。

 

「結果がでないことはやっても無駄」

これって、普通に考えると確かに結果が出なかったらやるだけ無駄だな。そう思うと思います。

でも、これって本当でしょうか?

結果がでないことって世の中には山ほどあります。

一見無駄と思えることもたくさんある。

でも、結果が出ないからやらない。確かに、何もしないでじっとしていたら失敗もないでしょう。

恥ずかしい思いをすることもない。

でも、あなたはわかっているはずです。

これまで経験してきたたくさんの失敗。でも、今それを振り返ると、その一つ一つが自分の人生を作っていることを。。

僕らは思うようにいかない経験をすると、そこに感情が生まれます。

悔しかったり…

悲しかったり…

その様々な感情が僕らの心の奥底に一つずつ書き込まれていくのです。

そして同時に、もう二度とあんな気持ちにはなりたくない。

そうやって無意識のうちに自分を守ろうとするのです。

この無意識の反応が「やる気が起きない」という結果につながっている。

だからまずは、そんな自分を癒してあげてください。

恐れている自分、悔しがっている自分、悲しんでいる自分。。

そんな自分にイメージで声をかけるんです。

「怖かったよね。」「悔しかったよね。」「悲しかったよね。」

あの過去のあなたの気持ちを受け止めてあげられるのは、今のあなた以外にはいません。

だから、まずは過去の自分をしっかりと受け止め抱きしめてあげるんです。

それができた時、あなたのやる気スイッチの一つがオンになる!

 

 

2nd step 人生の目的を理解する。

 

「どうせやってもいっしょだから…」その言葉の裏には、良い結果を求めている自分がいます。

良い結果を求めるからこそ、それが手に入らないとわかるとやる気が失せてくる。。

でも、ちょっとイメージして見てください。

あなたの近所の高校で今でも部活動を必死でがんばっている子供達がいると思います。

そうだな〜 例えば、高校野球。

彼らは甲子園という目標をめがけ、必死に毎日練習を行う。

でも、残念ながら甲子園に行くには県の代表になる必要がある。

ということは、ほとんどの球児がそれを得ることができないんです。

つまり、目指していた結果が手に入らない。

そこでちょっとイメージして見てください。

甲子園に出場できなかった一人一人。。

その一人一人がこの野球を通して得た経験に意味はあるでしょうか?

結果が出なければ意味がない。それが本当だとしたら甲子園に出れなかった人たちのやってきたことは意味のないことになってしまいます。

でも、その経験に意味がないことなんて絶対にないんです。

僕も高校時代ラグビーに必死に打ち込みました。

でも、ラグビーの全国大会花園ラグビー場での全国大会には出場できなかった。

しかし、ラグビーを通して得た経験、仲間、感情、、その全てが今の僕の大切な部分を作っているんです。

 

人間はみんな二つの共通した目的を持って生まれる。

 

やる気が起きない原因、それは、結果が伴わないから。

結果が手に入らないからやる気が起きない。

こう考える人の人生の目的はやはり「結果」を残すこと。

多くの人がこうして「結果」を残すことを目的として生きています。

 

でも、先ほども書きましたが、「結果」を目的としてしまうと、それが「手に入らないものである。」そう感じたらやる気がなくなってしまう。

では、僕らの人生の目的って本当はなんなのでしょうか?

 

 

人間に共通する二つの目的とは?

 

人にはそれぞれいろいろな人生があります。

当然ですが、一人一人人生の目的は違うと思います。

でも、実は二つだけ人には共通する目的があるんです。

 

一つは、この身体を持って生きるという目的

そして、もう一つは死を体験するという目的

 

だから、僕らは命が続く限り生きなければなりません。

どんなにつらい人生でも、それを経験するために僕たちは生まれてきたのです。

 

どうせ、どんなに頑張っても人はいつか死んでいきます。

だから、それまで、一つでも多くの経験を積む。

頭で考えているだけではなくこの持って生まれた身体を使って様々な経験をする。

それが必要なのです。

 

やる気が起きない原因はそういうことだったんだ。まとめ

 

やる気が起きない原因は大きく3つあります。

一つは、身体が疲れているから。

そして、精神的に疲れているから。

最後は、結果を得ることを目的として生きているから。

 

だから、身体と心はしっかりとメンテナンスしていかなければなりません。

そして、人生の目的を「結果を得ること」から「経験すること」とにシフトしていくんです。

自分の人生の目的の一つに「経験する」という項目を入れた時、そこに失敗という概念がなくなります。

失敗したってその経験こそ僕らにとっては大切なことなんです。

残念ながら、僕らの死亡確率は100%です。

絶対に僕らは死ぬんです。

だから、やる気が起きない。なんて言っている暇はないんです。

 

いかがでしょうか?

あなたの中で、頭で考えるだけでやめていることありませんか?

行きたい場所があるのに地図さえ広げていない。そんな自分ではありませんか?

ということで、僕の大好きな歌
SEAMOの「Continue」

聞いてください(^^)/

https://youtu.be/Re5k4ig3cm4

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

【お知らせ】
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© 日本こころカウンセリング協会 , 2018 All Rights Reserved.