魂って本当に存在するのだろうか?前世療法で考える魂の存在!

魂って本当に存在するのだろうか?前世療法で考える魂の存在!

こんにちは、心理カウンセラーの今泉智樹です。

早速ですが、あなたは魂(たましい)という言葉を聞いたことがありますか?

まあ、ほとんどの方が聞いたことがあると思います。

一寸の虫にも五分の魂
三つ子の魂百まで

なんてことわざもありますよね。

昔から日本では「魂」という言葉が使われている。

 

では、「魂って何?」と聞かれて明確に答えることができますか?

僕は幼い頃から魂ってなんだろう?よくそんなことを考えていました。


心と体と魂

そんなフレーズもよく聞きますが、心と魂って違うものなのだろうか?

いろいろ考えても答えは見つかりません。

ネットで調べてみると

たましい〔たましひ〕【魂/×魄】
1 生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。古来、肉体を離れても存在し、不滅のものと信じられてきた。霊魂。たま。「―が抜けたようになる」「仏作って―入れず」

2 心の活力。精神。気力。「仕事に―を打ち込む」

3 それなしではそのものがありえないくらい大事なもの。「刀は武士の―、鏡は女の―」

4 (多く「…だましい」の形で)そのもののもつ固有の精神。また、気構え。「大和(やまと)―」「負けじ―」

5 思慮。分別。 「いみじう―おはすとぞ世人に思はれ給へりし」〈大鏡・道隆〉

6 素質。天分。才気。 「筆とる道と、碁うつこととぞ、あやしう―のほど見ゆるを」〈源・絵合〉

7 《武士の魂とされるところから》刀。 「わが夫(つま)のこの―、婿引出(ひきで)に」〈浄・彦山権現〉コトバンク

とありました。

 

“生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。”

なんとなくわかったような、、わからないような、、、

 

前世療法をはじめて見つかった魂の定義 魂は存在する!

 

僕は、いろんな心理療法を使ってクライアントの悩み相談を受けていますが、

その一つに「前世療法」という心理療法を使っています。

これまた、、、

なんだか怪しい。。そう思われる方も多いかと思いますが、、

 

僕はこの前世療法に出会って、魂というものがどういうものであるのか?そんな定義が見つかりました。

では、魂の存在を考える前に、この前世療法の話を聞いて下さい。

 

あなたは自分の前世に興味ありますか? というか、前世があると思いますか?

 

僕自身、この前世療法に出会うまでは、前世なんて考えたこともありませんでした。

というか、逆に「そんなものあるもんか!」「怪しい!」そう思っていました。

もちろん、前世療法をやる今は完全に前世はあると思っていますが…

 

では、前世というものがあると仮定して、ちょっと考えてみたいと思います。

僕に前世があるとしたら、僕は昔も生きていたということになりますね。

そして、生まれ変わった。。

生まれ変わりのイメージイラスト

 

僕たち人間は必ず死にます。
死んで身体が無くなる。

身体が無くなれば、当然
うれしい、かなしい、怖い、腹が立つという感情もなくなるはず。
つまり、心もなくなるんです。

でも、前世があると考えると生まれかわるという事ですよね。

生まれかわるということは、何かが残っているという事です。

だって、完全に違う人で生まれるのであれば、それって生まれかわりじゃないですよね。

 

生まれかわるという事は必ず何かが残っていて、それが、また復活するということ。

じゃあ、いったい何が残っているのか?

それが魂なのです。

 

前世療法では、身体は死んでも魂は死なない。と言われています。

 

僕ら人間は身体、そしてでできている。

何度も書きますが、人間は死ぬと身体と心は無くなります。

でも、生まれ変わりがあるとしたら、前世の自分と今の自分に何か共通する部分があるはずなんです。

それが魂(たましい)

何度も何度も生と死を繰り返し、そのすべてを体験してきた僕らの魂。

魂は、僕らの人生をすべて記憶する記憶装置なのです。

そのすべての記憶がこの魂の中にある。

 

ということは、僕らの本来の姿はこの目に見えない「魂(たましい)」なのかもしれない。

 

本来、魂という存在なのですが、この目に見えない、身体を持たない魂のままでは、今僕らが体験している人生を味わうことができない。

だから、身体と心を持ってこの世に生まれてくる。

そして、ありとあらゆる経験をして魂を成長させていくのです。

 

先日、ある女性にカウンセリングを行いました。

 

彼女は、毎日、朝から夜遅くまで仕事を一生懸命頑張っています。

彼女の仕事は教える仕事ですが、彼女は自分の仕事が大好きで

そこに来る生徒さんやその親御さんからも喜んでもらい、充実した毎日を送っている。

でも、彼女は自分にはもっとやらなければならないことがある。と悩んでいました。

どうなりたいのか聞くとあまり明確ではない。

でも、今のままの自分はまだまだ甘い。

もっともっと成長したい。。。

 

彼女を見ていると、心は苦しんでいました。

 

毎日楽しいのに、このままの自分はまだまだ未熟

そうやって、自分を責め苦しくて苦しくて…

当然、朝から夜遅くまで仕事もしているので、身体もヘトヘトです。

心も身体ももういっぱいいっぱい。

でも、彼女の奥にキラキラ輝いている魂を感じるんです。

魂は、いつだって成長したいと思っている。そして、そのためにいろんな経験を積みたい。

彼女がこうやって悩んで苦しんでいても、それも、貴重な経験です。

だから、苦しんでいる自分の奥底で魂が喜んでいるんです。

 

僕たちは何のために生まれてきたのか?

 

当然、人それぞれいろんな目的があると思います。

でも、大きく言えば、魂を成長させるため。

つまり、経験を積むために生まれてきたんです。

 

そして、僕たちの魂は70回~80回生まれかわって成長を続けるそうです。

前世療法では、その何度も経験した過去の人生を思い出してもらいます。

今、こうして生きているということは、前世では体験できなかったことがまだたくさんあるという事です。

だから、魂がそれを経験するためにここに生まれてきたんです。

前世療法で自分の前世を再体験することで、今魂が欲しがっている経験がわかってきます。

つまり、今、自分が何をすべきなのか?

それが見えてくるんです。

 

魂はきっとこれを欲しがっている。

 

もし、今苦しい現実が目の前にあるのであれば、自分の魂を感じてみてください。

あー 今、この経験は魂が欲しがっている経験だな~

そう思ってみるんです。

そして、今のこの感情をしっかりと味わってみる。

その苦しい感情をじーーっと味わっていくと確かにつらいかもしれませんが、自分の奥底で魂が喜んでいるのが見えてくると思います。

そうやって魂にこの経験をしっかり味あわせると「もうこの経験は終了です。」と、きっと自分の魂が新しいステージを準備してくれます。

 

魂レベルで今の経験を味わってみる。

ぜひ、チャレンジしてみてください。
shutterstock_97598495

 

魂って本当に存在するのだろうか?前世療法で考える魂の存在!まとめ

 

「魂」ってなに?と問い続けても、これだ!と証明できるようなものはないと思います。

でも、僕はここで書いたように、まずは「魂というものがある」そう仮定して人生を考えるようにしています。

 

僕らはもともと魂という存在であって、そして、その魂は常に成長したいと思っている。

だから、身体と心というものを作り、この世界にやってきたのです。

 

何かの本に「自分に解決できない問題は起こらない」そう書かれていました。

僕らは生きているといろんなことが起こります。

もうだめだ!と思う瞬間もあるかもしれません。

でも、僕はこの「自分に解決できない問題は起こらない」という言葉を信じています。

きっと、魂がさらに成長するために、今自分に必要な問題を提供してくれている。

つまり、これを乗り越えた時、一つステージが上がるのです。

だから、自分の人生を諦めない。

 

魂というものがあるかどうかなんて、正直僕にはわかりません。

でも、そう思って今を全力で生きる。

それができた時、きっと魂も僕らの心と身体も喜んでくれるのではないでしょうか。。

 

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

PS.最後まで読んでいただいたあなたへの無料プレゼント

 

今、ここでもお話しした前世療法を無料で体験できるメルマガを発行しております。

興味のある方は、ぜひこちらをご登録ください。

この記事を書いた心理カウンセラー
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA