「父親が嫌いなんです。」そんな自分をより良くするために!

●「父親が嫌いなんです。」そんな自分をより良くするために!

こんにちは、心理カウンセラー今泉智樹です。

カウンセリングをやっていると、
「父親が嫌いです」「父親が許せない」よくそんな話になります。

僕自身、子を持つ父親として、ちょっと心配になる部分もありますが、
「父親が嫌い」という方はなぜお父さんが嫌いなのでしょうか?

嫌いな理由を書いているサイトってないのかな?
と思い検索してみるとこんなサイトを見つけました。

父親を“公害”扱い…10代「こんなお父さんは嫌」1位は?

※WB編集部さんというところが、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつ(計1000人)に独自調査を行う企画だそうです。

その結果、10代のこんなお父さん嫌い
第一位は、「働かない」
第二位  「怒りっぽい」
第三位  「くさい」

えーーーっ
ちょっと僕が思っていたのと違う。。。(笑)

 

お父さんが嫌いな理由!

 

一位の「働かない」というのは、今の世相を反映した結果なのかもしれませんが、

やはりこの「働かない」が一位に来るということは、
父親というものは働いて家族を支えるものである。
そんな意識が裏にはあるということだと思います。

三位の「くさい」はちょっとコメントしようがありませんが(笑)

でも、加齢臭ってやっぱりあるよね。
僕自身気をつけないと…

さて、二位を飛ばしましたが
二位は「怒りっぽい」

この調査は十代の子の意見をまとめたものなので、
今、十代の子供を持つ父親って、ちょうど僕らと同じくらいの年齢だと思います。

僕らくらいの世代 昭和の人間の父親のイメージはやはりサザエさんのお父さん(波平さん)。
「バカモーン」といつも怒鳴っているお父さん。

最近では、そのマンガサザエさんも、今の時代に合ってないと、
放送中止もささやかれ始めていますが…

でも、本当に僕らくらいの年代の男性は、父親というものは厳しくあるべきだ。
そんな考えを持っている方が多いと思います。

そして、僕らの父親、その父とさらにさかのぼるとより一層それが強くなる。

 

理想の父親像とは?

 

では、逆に理想の父親ってどんな父親なんだろう?
これも、ちょっと検索「理想の父親像 アンケート」
するとこれもいろいろサイトがありますね。

その中の一つ
Livedoor NEWS 女子が考える理想の父親像

これによると、
◆理想のお父さんの特徴は? 

1位 優しい(63.5%)
2位 妻を大切にしている(59.2%)
3位 頭が良い(勉学に限らず)(54.5%)
4位 ルックスが良い(おしゃれ、身だしなみ等も含め)(46.4%)
5位 おもしろい、笑いのセンスがある(39.9%)

優しいお父さんが圧倒的一位。
父親本人が思っている父親像とは全く逆を求めている人が多い。。
なかなか難しいですね。

 

カウンセリングで見えてくる父親の影響

 

最初にも書きましたが、カウンセリングをしていると父親が嫌い。父親を許せない。
そんな話になることがすごく多いです。

そんな嫌われている・許さないと言われているお父さんは、
やっぱりかなり厳しいお父さん。。

でも、みんな最初からお父さんを嫌いなわけではないんですよね。

やっぱり自分のお父さんだから当然好きになりたいだろうし、愛して欲しいと思っている。
そして、ほめてもらいたいし、認めてもらいたい。。

でも、厳しいお父さんは、なかなか自分を認めてくれません。

学校で先生に褒められたこと、
テストで100点取ったこと、
リレーの選手に選ばれたこと…

いろんなことを一生懸命お父さんに伝えるのですが、お父さんは一度も褒めてくれません。

そして、お父さんは、決まって努力の足りない点を見つけ出したり、
方法が間違っていると指摘したり、そんなことやってどうするんだ。。。

何を言っても、何をやっても認めてくれない。

そんな状況から、幼い僕らは、自分の中にいろんなメッセージを取り込んでいく。

「楽しんではいけない」
「いい気になってはいけない」
「努力し続けなければならない」
「人を信じるな」
「自分のことばかり考えるな」
「お前はダメだ」

 

そして、大人になった今でもそのメッセージに苦しめられている。

 

人が楽しそうにしていると、なんだかそこには加わりたくない。
そんな思いが湧いてきて、親しい友達がなかなかできない。とか

自分の子供が何かに成功して、笑顔いっぱいでいると、
そんなことぐらいで喜んでいてどうするんだ。
もっともっと、上があるだろう。。
そんな、自分が父親に言われていたことと同じことを自分が言っている。

もう精一杯頑張っているのに、まだ足りない。まだ足りない。と
自分をどんどん窮地に追い込んでいったり、

人を信じないといけない場面で、どうしても信じられなかったり…

父親の影響をいろんな場面で受け、
そして、今もその教育の通りに生きている。

ある意味、嫌い、嫌いと言いながら、その教えは守り続けているのです。

 

そんな自分を変えることはできないのだろうか?

 

今自分がこんな性格なのは、自分の父親があんな人だったから…

カウンセリングを受けたことがある人であれば、
自分の幼い頃を見直した経験がある方も多いと思います。

そして、親の影響を大きく受けていると、それに気づいて
あんな父じゃなかったら。
あの人さえいなかったら。。

そんな気持ちになる人も多いでしょう。

でも、そうやって幼いころに受けとった親からの影響って、
もうどうすることもできないのでしょうか?

自分でそれを変えることってできないのでしょうか?

大丈夫です。
今からでもそんな自分を変えることは可能なんです。

あなたがその自分の中のメッセージに気づき、それを変えると決めた時、それは変わっていくんです。

いっぺんに変える必要はありません。
少しずつでいいんです。

これまで、1万回お父さんに「ダメだ」って言われたのであれば
これから、「私は今のままでいい」そう自分に1万回言ってあげてください。

あなたは本当に今のままでいいんです。
価値がある存在なんです。

あの人のせいで!とずっとお父さんを責めても何も変わらない。

だったら、もうわかってくれないお父さんのことは良いじゃないですか。
そんな嫌いな人に認められなくったって、あなた自身が自分を認めてあげればいい。

そう言われても…
やっぱり自分なんて価値がない。

そう思うのであれば、それはただあなたがまだお父さんの暗示にかかっているだけです。

それは嘘なんです。

あなたは絶対に価値がある存在なんです。
あなたはあなたのままでいいんです。

 

「父親が嫌いなんです。」そんな自分をより良くするために!まとめ

 

いかがでしょうか?

お父さんが嫌い。大人になってもずっとそこにいる自分。
きっと、たくさんたくさん嫌な思いをしてきたのだと思います。

だから、そんなにがんばってきた自分をもうこれ以上責めるのはやめましょう。
父親を責めている自分は、ある意味今の自分を認めていない自分なんです。

こんなにがんばってきたあなた。
あなたは、お父さんが言うようなダメな人間ではありません。
何もできない。価値のない存在ではないのです。

幼いころに取り込んだ。
父親からのメッセージ。でも、もう今のあなたにはそれは必要ないのです。
だから、自分の人生は自分で切り開く。
そう決めましょう。

そして、ダメな自分を責めるのではなく、
ただ今できることに全力で打ち込んでいく。

お父さんもきっと大変だったんだろうな。。。
そんな思いが湧いてきたら、それが、お父さんの暗示を乗り越えた証拠です。

あなたはあなたのままでいい。
自分を信じて今を生きよう。。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日もあなたのまわりが笑顔でいっぱいになりますように。。。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です