2016/12/09

喘息が治る?? 身体のエネルギーを調整するヒプノセラピー

shutterstock_69741862

●喘息が治る?? 身体のエネルギーを調整するヒプノセラピー

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

先日、ヒプノセラピーの一種
「ソマティック・ヒーリング」の
セッションをやらせていただきました。

ソマティックヒーリングって聞いたことありますか?

ソマティック・ヒーリング
(体細胞療法)とは
米国のDavid Quigley氏が開発した手法で

潜在意識が人間の思考・行動の
基になっている。という基本的考え方から

その方の意識と行動を変え
身体を本来の状態に戻すことにより
病気を必要としない身体を作り
心身共に健康状態に戻るという

まあ、簡単に言うと
健康のために行うヒプノセラピーと考えていただければいいと思います。

 

今回のクライアントさんの相談は喘息

 

実際に、セッション中も咳をされていました。
苦しそう…

このソマティック・ヒーリング
(以下ソマティック)には
基本的には4つの流れがあります。

まずは、催眠導入
催眠に入ってもらうんです。

深呼吸から入り、少しずつリラックスを深めていく。

そこで、ゴールデンサンと呼ばれる
エネルギーの調整をしていきます。

地球のエネルギーと太陽のエネルギーを自分の中に取り込んでいく。

そんなイメージをしながら
全身が癒されていく感覚を味わいます。

十分リラックスできたところで、
通常はヒプノティック・ムーブメントに移ります。

例えば、座っていた腰が痛くなってきた。。

そんな時、知らないうちに
ぐーんと背伸びをする。
自然とそんな行動を取ってしまう。

そんな経験ありませんか?

僕ら人間は、自分で自分の身体を癒す方法を知っている。
そう言われています。

頭ではわからなくても身体が知っている。。

 

だから、身体に声をかけ自然と動くのを待つんです。

 

すると、どんどん身体が動き出す。

しかし、今回はスカイプでのセッションのため
このムーブメントは行いませんでした。
(対面セッションでは行います)

次に、カラーヒーリング
頭のてっぺんから足の先まで、
自分の身体のあらゆる部分を
上から順番に感じ取っていく。

まるで、レーザー光線でスキャンするみたいに。

そして、身体にある異常や違和感を探すんです。

すると彼女は早速喉に違和感を覚えました。

さあ、そこをしっかりと感じてみてください。

「その違和感についている色
そして、形やその状態を教えてください。」

「どんな色ですか?」

違和感を色に例える。

何それ?と思うかもしれませんが、
何となくでいいんです。

この違和感どんな色だろう?

すると彼女は「グレー」
と答えてくれました。

形はどんな感じかな?
「固い石みたいな感じかな。。。」

 

では、このグレーの固い石をどのような状態にしたいですか?

 

「えーーっ」と悩みながらも
「金色に光る小さな星みたいになって散らばって行ったらいいな~」

『いいですね~。ではその金色の
小さな星にするためにどうしていきましょうか』

「黄土色の液体で流していく」
そんな答えが浮かんでくる。

そのクライアントさんはその液体を
目から入れて、喉を癒し、そして指先から流れ出す。

そんなイメージをしてくれました。

どんどん液体が喉に流れ込み
金色の小さい星になって散らばっていく。

 

何それ?と思うかもしれませんが

 

でも、こうしてイメージしていくと
どんどん、その違和感が無くなっていくんです。

こうして、全身の違和感の色を感じ
そして、色と状態を変えていきました。

じっくりと時間をかけて
自分の身体と向きあう。

普段、僕らはなかなかこんな時間を取りません。

だからこそあえて、
しっかりと時間をかけて自分の身体を感じてみる。

このカラーヒーリングが終わった後
今度は、一番違和感の強かった喉にアプローチしていきます。

 

今いる自分のとなりにもう一人自分がいる。

 

そんなイメージをしてください。
今の自分と全く同じ自分です。

そうやってもう一人の自分をイメージしていきます。

その自分が隣にいることをイメージ出来たら
今の自分が今度は小さくなっていくイメージをしてもらいます。

小さく小さく…

そして、小さくなった自分が
隣にいる、もう一人の自分の中に入っていく。

もう一人の自分の喉を部屋に見立て
そして、そこに入っていくんです。
そんなイメージをしてもらいました。

 

すると、その部屋は真っ暗でした。

 

「真っ暗で何も見えない。」

さあ、よーく見てごらん。
そこはどんな場所だろう?

「見えない… 真っ暗…」

しばらくそこを探ってみますが、
全く何も見えてこない。

「でも、ドアがある」

真っ暗な中にドアを見つけます。
早速そこから出ていくと、

今度は「まぶしい…」
「まぶしくて何も見えない」

真っ暗で何も見えない世界から
今度はまぶしくて何も見えないそんな世界へ…

 

これからどうなるんだろう?そう僕が思っていると、

 

「やっぱり中に入りたい。」

『あの真っ暗な中に戻るんですか?』

「いや…あそこも…」
「そうだ、あの部屋に窓をつける」

今、出てきたドアの上に窓をつけて
この光を部屋の中に取り込んでいきたい。
彼女はそう言いました。

今度は、窓をつけたイメージをしてもらい
部屋の中に戻って行く。

すると、それまで真っ暗で狭い。
そんなイメージだった部屋の中が
豪華なシャンデリアのある美しい部屋に…

 

そんなイメージをするだけで本当に治るの?

 

そう思う方も多いと思います。
でも、実際にこうしてイメージをしていくことで
いろんな病気が治ったという症例がたくさんある。

僕も、このセッションはまだ数多くやったわけではありませんが、
頭痛で苦しむ家内や、受講生にセッションをして
その後、その痛みが無くなる。
という事もありました。

思いが現実を作っていく。
僕はいつもそう思っています。

だから、僕らの身体もやっぱり
普段何を思っているのか?

その結果が、身体に現れているのではないでしょうか??

「身体が資本」そう言いますが、
なかなか自分の身体に意識を向けることはないと思います。

でも、たまにはそんな時間を取ってもいいんじゃないかな。。。
今日は自分の身体を見つめてみませんか??

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【インナーチャイルドを癒し、人生の目的を生きるために】

僕は今、人生の扉を開く魂のカウンセリングで、
そのインナーチャイルドを乗り越えるお手伝いをしています。

自分の魂が本当は何を目指しているのか?
今世なんのために生まれてきたのか?

しっかりと、自分の内側を見つめることで、あなたに新しい人生が訪れます。

新しい自分を目指すあなた。ぜひ、こちらをご覧ください。
 ↓↓↓
【人生の扉を開く魂のカウンセリング】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

無料プレゼント
インナーチャイルドワーク音声ファイルぜひ、ご登録ください。
詳細・ご登録はこちらより↓↓↓
submit-or500

 

【お知らせ】

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です