存在意義 人間の価値について

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら


●存在意義  人間の価値について

おはようございます。

心理カウンセラーの今泉智樹です。

早速ですが、あなたは自分が価値ある存在だと思えていますか?

僕はこれまでいろんなセミナーを開催してきました。

セミナーの始め方っていろいろあるのですが、僕は、少人数で開催するセミナーの時は、いつも最初に自己紹介をしてもらいます。

名前と今どんなことをやっているのか?

そして、これからどうなりたいのか。

そんなお話をしていただくのですが、人によっては堂々と今、こんなことやっています。

そして、これからこうなりたい…

そう、言われる方もいらっしゃいます。

そうすると、中には「スゲーー」そんなことやっているんだ~と、みんながびっくりするような方もいらっしゃいます。

でも、逆に私なんかみんなにお話しすることなんてありません。

自分がちっぽけすぎて恥ずかしい…

そんなことを言う方もいらっしゃるんです。

あの人は、すごいけど、それに比べて私なんて全く価値がない…

よくある悩みですね。

 

人間の価値とはどうやって決まるのか?

 

でも、人間の価値っていったい何なのでしょうか?

どうやって決まるのでしょうか? 誰が決めるのでしょうか?

 

あの人はすごいことができるから価値がある。

あの人はお金をいっぱい持っているから価値がある。

あの人はすごく頑張っているから価値がある。

 

確かに、これも価値ですね。人と比べていろんな分野で優れている。

だから、人と比べて優れているところがないと自分に価値がないと思えてしまう。

人の評価によって自分の価値が上がったり下がったり…

実は、この人の評価で上下するこの価値の事を評価価値と言います。

もちろん、自分に価値がない。と自分で自分を評価しているのもこの評価価値。

 

何もできない人間は価値がないのでしょうか?

 

何かが優れているから価値がある。

確かに僕らは幼いころからそう言われ続けてきました。

人より成績が良ければ評価され、運動ができれば評価され、人より見た目が綺麗だったら評価され…

いろんな評価の項目があり、そこで優劣がつけられる。

では、人に勝るものがないと人間には価値がないのでしょうか?

 

価値を感じるワーク

 

ちょっと、イメージしてください。

あなたにとって一番大切な人。そう言われて、浮かんでくる人はいらっしゃいますか?

誰でも結構です。

ご主人だったり、奥さんだったり、お父さん、お母さん、友人、恋人…

どんな方でも結構です。

イメージできましたか?

こんなことを考えたくはないかもしれませんが、そんなことは起こりませんが、、

仮に、そのあなたにとって大切な方が、事故にあわれたとします。

そして今、手術が行われている。生存確率50%。。。

 

あなたは事故の知らせを聞いて、あわてて病院に向かいます。

病院に向かうタクシーの中、、

あなたはどんなことを考えると思いますか?

病院について、手術室の前にいるあなた、そこであなたは何を考えていると思いますか?

すいません、、変なイメージをさせてしまってm(__)m

 

でもいかがでしょうか?あなたはその時何を思うと思いますか?

きっと、「生きてくれ。」「死なないでくれ。」そう願うと思います。

「生きてさえいてくれれば…」「もう一度あなたの笑顔が見たい…」

 

ここで、あなたは仕事ができないからダメ。お金がないからダメ。見た目が良くないからダメ。。

そんなことは考えないはず。

ということは、あなたが思うその大切な人には、誰かと比べて優れていると言った、評価による価値以外の価値があるということだと思いませんか?

 

 

人間の価値には二つの種類がある。

 

私達には、人の評価による価値。つまり評価価値という価値と、そんな評価に左右されない大きな本質的価値という価値があるんです。

評価価値と本質的価値

でも、いかがでしょうか?

 

あなたは、自分自身の本質的価値を感じてますか??

でも、そんなこと言われても…

自分にどんな価値があるんだろう?

自分に価値があるなんて思えない…

そう思う方も多いと思います。

 

本質的価値を感じてみる。

 

もし、あなたが自分に価値がない。そう思うのであれば、心臓に手を当ててみてください。

ドキドキいってますか?

多分ドキドキ心臓が動いていると思います。

でも、これあなたが動かしてるんですか?

えっ?と思うかもしれませんが、あなたの意思では動いていないですよね。

もし、自分の意思で動いているのであれば、当然、止めることもできるはず。

でも、私たちには止めたり動かしたりすることが出来ないんです。

じゃあ、誰がこの心臓を動かしているのか?

 

本質的価値があるからこそあなたは生きている。

 

よくわからない…と思うかもしれませんが、こう考えてみてはいかがでしょうか?

私たちの心臓を動かしてくれている大きな存在がある。

私達とは別の何か…

ひょっとするとそれが神様かもしれません。

そんな偉大な存在があり、その人が(人じゃないかもしれませんが)私たちの心臓を動かしてくれている。

ということは、常にあなたの心臓を動かしてくれているんです。

いつも忘れずに見守ってくれている。

私たちはその偉大な存在と常につながっている。

片時も離れることはないんです。

 

僕らが生きている意味とは…?

 

偉大な存在から守られている自分。

その自分が価値がないと思いますか?

価値があるからこそ、今こうして生かされてるんです。

であれば、人からどう評価されようがそんなことどうでもいいじゃないですか?

私たちは偉大な存在に守られているすごく価値を持った存在なんだから。。。

いかがでしょうか?

こんな考え方受け入れられませんか?

私は、どんな人だって価値がある。そう思っています。当然、自分にも価値がある。

だから、この価値を使って誰かの役に立ちたい。

人から評価されないから、私は人の役に立つことなんてできません。

なんてことはありません。

ぜひ、自分の価値を信じて一歩を進めていきましょう。

偉大な存在 ありがとうございます。

 

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

PS.心理カウンセラー今泉智樹のインナーチャイルドワークを無料で体験してみませんか?

【無料プレゼント】インナーチャイルドを自分で癒す退行催眠音声ファイル!

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA