2017/09/07

心理カウンセリング 無料相談!(現在受付しておりません)

●心理カウンセリング 無料相談!

カウンセリングを受けてみたいけど…

●こんなこと相談していいのでしょうか?
●いろいろあるけど何を受ければいいの?
●本当にカウンセリングって効果があるんだろうか?
●カウンセラーってどんな人なの?
●何回くらい受ければいいんだろう?
●料金はどれくらいかかるの?…

初めて受けるカウンセリング誰だっていろいろ悩むと思います。
だから、まずは無料で気軽に相談してみませんか?

 

電話・スカイプ・LINE通話を使った、自宅で気軽にできる無料相談。
プロの心理カウンセラーがあなたのお話をお伺いします。

 

こんにちは、心理カウンセラーの今泉智樹です。
僕はこれまで1000人を超える方のカウンセリングを行ってきました。

カウンセリングをやってきてわかったのですが、
はじめてカウンセリングを受ける方は、
みなさん同じように受けるかどうかを相当悩んでから来られます。

でも、中には悩む時間が長すぎて症状がひどくなってしまう人も…

 

実は、僕も以前、パニック障害を経験しました。

 

突然襲ってくるパニック…
一瞬で血の気が引いていき、手のひらから汗がふき出す。
心臓の鼓動が早くなりこのまま死んでしまうのではないか…
そう思ったことも一度や二度ではありません。

でも、そんな状況でありながら、
僕が初めてカウンセリングを受けたのは、
その症状が出はじめてから何年も経過した後でした。

なぜ、そんなにもカウンセリングを受けるのに時間がかかったのか?

それは、カウンセリングに対して大きな誤解があったから。

カウンセリングを受けていることが人にバレたらどうしよう…
会社にバレタラ…、友達にバレたら…
おかしいやつって思われはしないか?
仕事の評価が下がるのではないか?

いろんな思いが自分の中から湧き上がり、
なかなかカウンセリングを受けることができない。。

当時の僕は「カウンセリングは病んだ人が受けるもの」
そう思っていました。

そして、実際に苦しいにもかかわらず、
自分が弱っていることを受け入れられない自分がいたんです。

だから、カウンセリングを受ける勇気が湧いてこなかった。。

 

カウンセリングによくある二つの誤解

 

あなた自身、ここまで読み進めていただいたということは、
ひょっとすると、今、カウンセリングに興味を持っておられるかもしれません。

そして、なかなかカウンセリングを受ける勇気が湧いてこないとためらっておられるかもしれない。
もし、そうであれば、あなたも僕と同じようにカウンセリングに対して誤解があるのかもしれません??

さあ、では、一つ質問です。
あなたは、カウンセリングって何のために受けるものだと思いますか?

ひょっとすると、例えば、うつ病やパニック障害のような病気を治すものだと思っていませんか?

これが、多くの人が持つカウンセリングに対する大きな誤解の一つなのですが、、、

 

誤解1「カウンセリングは治療ではありません。」

 

僕らカウンセラーはお医者さんではないのです。
だから、うつ病やパニック障害などを治すことはできません。

でも、じゃあ、カウンセリングなんて受けても意味がないのか?と思われるかもしれませんが、そうではないのです。

先日、あるクライアントさんとカウンセリングを行いました。
彼は、もう長い間うつ病で苦しんでおられました。
そして、僕のカウンセリングにたどり着いた。

彼と話していて、彼は僕の目を一度もみませんでした。
そして、落ち着きがなく、そわそわ、キョロキョロしているのです。

「どうされましたか?」僕がそう尋ねると、
なんだか調子悪そうに、「なんか人と目を合わすのが苦手なんです。」

僕にそう教えてくれました。

「鬱病になってからですか?」そう聞くと、どうやらそうではないらしい。

彼は、幼いころから人と目を合わせるのがどうも苦手。
だから、社会人になってからもよくそれを注意され、苦しんでおられたんです。

「もし、人と目を合わせることが苦痛ではなくなったら、今の人生に何か変化がありそうですか?」
僕がそう尋ねると、「もし、そんなことができたら絶対に変わると思います。」
彼は僕にそう教えてくれました。

 

病気は治せなくても、自分の思考パターンや行動パターンは
カウンセリングを受けることで変えることができる。

 

僕はそう思っています。
そして、実際に、カウンセリングを受けて変わった人をたくさん知っているのです。

そうやって、自分のいろんなパターンを変えることができた時、
結果として、うつ病が治った。。。なんてことも起こるのかもしれません。

僕は、はじめてカウンセリングを受ける人には、
この「カウンセリングは治療のために受けるものではない。」
ということをしっかりとわかっていただきたいと思っています。

これは、カウンセリングがうまく行かなかった時のために予防線を張っているわけではありません。

ただ、カウンセリングは病気を治すような難しい話ではなく、
今のパターン化した自分を変えるためのツールであり、
誰にでもできることだと認識して欲しいのです。

必ず、自分は変わるんだ。という強い思いが、自分を変え、未来を変えるのです。

 

誤解2「カウンセリングは病んだ人が受けるもの」

 

これは、前に書いた通り、僕自身がカウンセリングを受ける前に持っていたカウンセリングに対するイメージです。
そして、これは、僕だけではなく、多くの人がそう思っている。

「悩んではいるけれど、カウンセリングを受けるほどではない…」
僕はこれまで、いろんな人と話してきて、そう言われたことが何度もあるんです。

でも、これも大きな誤解なんです。

悩んで悩んで、もうどうしようもなくなってからカウンセリングを受ける。
実は、これでは、変わるものも変わらない。

だから、もっと早く、こんな自分嫌だな。。そんな思いが湧いてきた時、自分自身をしっかりと見つめてみる。
つまり、カウンセリングは病んだ人が受けるものではなく、自分のメンテナンスのために受けるものなんです。
それができれば変化も早い。

 

気軽にカウンセリングを受けることができる日本を作る!

 

これが、僕の大きな夢です。

でも、それを叶えるためには、やはりカウンセリングについて
もっともっと知っていただく必要があると思うんです。

ということで、今回この個別の無料相談というものを作りました。

受けようかどうしようか?
そうやって迷っている時、ぜひ、この無料相談を使ってほしい。

個別相談では、まずはあなたの今の悩みをしっかりと聞かせていただき、
カウンセリングを受けべきかどうかを一緒に考えてみたいのです。

そして、もし必要であれば、どういうテーマで受けた方が良いのか?

あなたの悩みの原因をしっかりと見つけ出し、
そして、それに合う心理療法がどんなものなのか、
きちんとお伝えしていこうと思うのです。

 

無料個別相談の内容

 

無料相談でできること

・心理カウンセリングでどんなことをするのかを理解できる。
・自分の悩みが心理カウンセリングで解決できるものなのかを確認できる。
・自分の悩みの原因を明確にすることができる。
・カウンセラーとの相性を判断できる。
・ヒプノセラピーとはどんなものなのかを知ることができる。
・その他、質問事項等があればお話しを聞かせていただきます。

無料相談の方法

・スカイプ、携帯電話、もしくは、LINE通話にて行います。

所要時間

・30分程度

料金

・無料(ただし、通話料等が発生する場合はご負担願います)

申込み受付人数

・毎月7名限定です。
募集人数を超過した場合、お断りすることもございます。

その他

・無料相談では、心理カウンセリングは行いません。
・今泉智樹のカウンセリングを受けるかどうか迷っている人のみ受付します。
・カウンセリングを受ける気はないけど、無料だから受けるという方はご遠慮ください。
・お一人様一回のみ受けることができます。
(過去に受けたことがある方はご遠慮ください)

お申し込みは

お申し込みは、下記申込みボタンをクリックください。

クリックすると僕の顔写真がついた予約ページへと移動します。

そして、下の方に行くと、
「STEP1メニューを一つ選択」という欄があります。

そこに月7名限定 無料個別相談と青い文字で書かれていますので、
その文字をクリックください。

クリックすると、STEP2のご予約日を選択というところにカレンダーが出てきます。

次に、ご希望の日にちをクリックしていただくと、予約可能な時間が出ますので、時間を選択

時間を選択すると「STEP4お客様の情報と連絡先の入力」欄に進みますので、
そこに必要事項をご記入ください。

入力後、こちらで内容をご確認させていただき、
問題がなければ承認させていただきます。
承認までに少し時間がかかりますので、
その点はご了承ください。

それでは、ぜひ、気軽にご相談ください。
あなたの相談を待っています。