2016/12/09

あなたは、目標設定するタイプ?それともしないタイプ?

%e7%9b%ae%e6%a8%99%e8%a8%ad%e5%ae%9a

●あなたは、目標設定するタイプ?それともしないタイプ?

こんにちは、心理カウンセラーの今泉智樹です。

早速ですが、あなたには、今、何か目標がありますか?

突然何?と思われたかもしれませんが、
目標を立てて、日々しっかりそこに向かって行動している人もいらっしゃると思います。

あるいは、目標なんて立てていないけれど、日々充実した毎日を送っている。という方もいるでしょう。

あなたはいかがでしょうか?

ちゃんと目標を明確にするタイプですか?
それとも、目標なんていらないというタイプ?

どちらが良いというわけではありませんが、、、

 

では、ここで、あなたが目標設定した方が良いタイプなのか?目標設定しない方が良いタイプなのか?診断してみましょう。

 

ちょっとイメージしてみて下さい。

あなたがこれまでに、目標設定をしてきたと仮定します。
そして、その目標全てをクリアしてきたとしたら、
あなたの人生は、今と何か違いがあると思いますか?

もし、自分がこれまですべての目標を達成してきたとしたら…??

いかがでしょうか?
あなたの人生は、今と何か違いますか?

多分、多くの人が、目標を全部達成できたとしたら、自分の人生は今と違う。
そう思われたのではないでしょうか?

ということは、あなたは、目標をきちんと立てて、そこに向かって進む方がよりよい人生を送れるタイプだということです。

 

でも、目標をすべて達成するなんて、そんなの無理に決まってるじゃないですか。

 

そんな声が聞こえてきそうですが(笑)

でもね、やっぱりまずは、目標を設定することだと思います。

自分がどこに向かっているのかわからないまま進んでいったのでは、やっぱり遠回りになってしまったり、結局同じところをグルグルと回って全く前に進まなかったり…

目標を達成するために、一番大切なことは「ちゃんと目標を設定し、そして、そこに行くんだ!」と決めることです。
そして、そこに向かって、日々行動を続けていくこと。

これさえできれば、必ず目標は達成できます。

でも、なかなかこの続けるという事が難しい。

では、ここで改めて、一つ質問です。
あなたは、これまでに目標設定をしたことがありますか?

きっと、YESだと思います。

では、、その目標は達成できましたか?

もし、達成しなかったことがある。という方は、またちょっと思い出してもらいたいんです。

あなたは、その目標をどんな時にあきらめましたか?

ひょっとすると、周りの人に相談した時
「そんなの無理だよ!」とか「それほんとにできるの?」とか
言われた時ではなかったですか?

 

多くの人が自分がやっていることに自信が持てなくなった時、人に相談をします。

 

「これどう思う?」

その時、『無理なんじゃないの?』そう言われると

「やっぱり無理かな」とあきらめてしまいたくなる。。。

ということは、何が大切かというと、誰に相談したかということですね。

もし、あなたの相談した人が、きっと君ならできるよ。
そう言ってくれていたとしたら、あなたがあきらめたその目標、もう達成できていたのかもしれない。。

突然ですが、人間は3つのタイプに分けられるって聞いたことありますか?

一つが「保留タイプ」
もう一つが「直感タイプ」
そして最後に「絶対に動かないと決めているタイプ」

構成は、保留タイプが全体の6割
直感タイプが2割
そして、最後の動かない人が2割

ちょっと話を戻しますが、目標達成のために大切なこと!

それは、誰に相談したらいいか>という話しなんです。

 

自分が何かをやりたいと思った時、誰に相談するのか。それがすごく大切です。

 

もし、あなたが保留タイプの人に相談したら、その人は間違いなく、保留します。

「そんなの無理だよ」「無理に決まってる」
「今はやめた方が良い」「無理なんじゃないかな」

こう言うのは大体やったことがない人です。
やってもないのに無理!

これが、全体の6割を占める「保留タイプ」

直感タイプの人はやるとできると知っているから
相談したら、「やったらできるよ」そう答えてくれます。

絶対に動かないぞ!そう決めている人はたぶん見たらわかります。

きっとそう言う人には相談しないでしょう。
まあ相談しても、答えはわかっていますよね。

 

世の中が変わる時ってどんな事が起こっているのかご存知ですか?

 

世の中が変わる時、まず直感タイプの人ができると信じてそれをやり続けます。

そして、それで結果が出たら、その後、保留タイプの人が動き始める。

そして、8割の人ができるとなった時、のこりの2割の人が動き出す。

メジャーリーグに挑戦した野茂投手(もう知らない方もいらっしゃるかもしれませんが…)

最初彼がメジャーにいく時「日本人にできるわけがない!」みんなそう言っていました。

でも、野茂投手がうまくいったら、その後、たくさんのメジャーリーガーが誕生した。

相撲の世界でも僕が小さいころ高見山という力士がいました。

でも、なかなか勝てなかった。
やっぱり横綱になるのは日本人だ。

外国人には日本の厳しい相撲社会は耐えられない。

でも、その後、小錦が出て大関
そして、曙が初めて横綱になりました。

今はもう外国人だらけ…

 

どんなことでも一緒だと思います。最初は保留星人が無理だという!

 

もしあなたが何か事を起こしたい。

そう思うのであれば、必ず相談するのは、直感タイプの人にしてください。

えっ?どうやったら直感タイプってわかるの?
そう思うかもしれませんが、これも見ればわかります。

いわゆる「アホな人」です。

これどう思う?と聞くと決まって「良さそうだね。」

『理由は?』と聞けば「えっ、良さそうだから」そう答える(笑)

とにかく、周りの人に無理だと言われても無視してください。

どうせその人は保留星人!

 

まとめ

 

より良い人生を送りたい。そう思ったら、僕はやっぱり自分の目標を設定することだと思います。
本当に自分がやりたいのは何なのか?
そこをしっかりと見定め、そして、覚悟を決める。

何が何でも、この目標を達成する。
そう決めるんです。

そして、自分を信じて、一歩一歩前に進んでいく。

でも、たった一人で継続していくことは、やっぱり難しいです。
そんな時には、迷わず人に相談してください。
もちろん、直感タイプの人に。。。

必ずあなたの味方になってくれると思います。

 

でも、一つだけ注意してください。

 

今、僕のところにカウンセリングに来られるクライアントさんを見ていると、二つのステージがあるのがわかります。

一つは、今お話ししたように、目標に向かって進むステージにいる人です。
ここを「前進のステージ」と名前をつけましょう。

この前進のステージにいる人たちは、とにかく、目標を明確に決めれば大丈夫です。
目標が設定できたら、あとは自分を信じて進んでいけばいい。

前進のステージでは、逆風が吹くこともたびたびあります。
でも、目標さえ明確にできていたら、その逆風にも負けず、間違いなく充実した毎日を送ることができるはずです。

でも、もう一つ「前進のステージ」とは向きの違う「後退のステージ」にいる方もいらっしゃる。

この「後退のステージ」にいる時に、前を向って進もうと思っても、なかなか前には進めません。

なぜなら、「後退のステージ」にいる人は、たくさん傷つき、前に向かうエネルギーが無くなってしまっているのです。

 

後退のステージにいる方は、まずしっかりと自分を癒す時間が必要です。

 

僕は今、カウンセリングを行っていますが、カウンセリングでは、まず、その人がどこにステージにいるのか?
それをしっかりと確認していきます。

そして、それが、前進のステージであれば、目標を設定し、後退のステージであれば、しっかりと癒していきます。

この自分がどのステージにいるのか?ここを間違うとなかなかうまく行きません。

自分は、そんなに傷ついていないよ。という方でも、現実として、それがなかなかうまく行かないのであれば、知らないうちに後退のステージに立ってしまっているのかもしれません。

まずは、自分のステージをしっかりと見つめて、今自分にできることに全力投球していきましょう。
きっとうまく行きますから。

でも、もし、一人で苦しいのであれば、カウンセリングにチャレンジしてみるのもいいかと思います。
興味のある方はこちらをご覧下さい。
>>>【心のブロック解除 60分で問題解決へと導くカウンセリング】

それでは、今日も最後までありがとうございました。
笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

 

【お知らせ】
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です