子育てのイライラ、子育てのストレスを解消するために忘れてはならない4つのポイント!

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

kosodate

●子育てのイライラ、子育てのストレスを解消するために忘れてはならない4つのポイント!

こんにちは、
心理カウンセラーの今泉智樹です。

今日は子育てのイライラ、子育てのストレスを解消するために忘れてはならない4つのポイントという話をしたいと思います。

僕にも二人の子供がいますが、
やはり父親と母親では子育ての負担はずいぶん違うように僕は感じています。
やっぱりどうしてもお母さんの方が子供に接する時間も長く、負担も大きい。

ましてや、シングルマザーとなると、一人で父親の役割と母親の役割を果たさなければならない。
そうなると、その負担の大きさはものすごいものになると思います。

今僕はいろんな人のカウンセリングをしていますが、
カウンセリングをしていると逆に、自分が受けた子育ての影響で
大人になった今も苦しんでいるという人がたくさんいることがわかります。

多分、これを読んでいるあなたも、幼い頃に受けた子育てが大人になっても影響している
という話は聞いたことがあるのではないでしょうか。

つまり、自分の子育てが、自分の愛する子供に影響を与えるということを知りながら
僕らは子育てをしなければならないのです。

誰だって、愛する子供にはちゃんと育ってもらいたいと思っていると思います。
でも、親である僕らも、はじめて子供が生れた時は、親の一年生。

当然、子育ての経験もないし、今度はその子が育っていったとしても、
その年齢の子供を育てるのは常に初めて、二人目、三人目にしても、
子供が、二人いる状態、三人いる状態での子育ては初めての経験。

常に、知らない事、わからない事の連続なのです。

だから、うまく行かないこともたくさんあるし、失敗してしまうこともある。

大きく影響を与えているんだ。ということを認識しながらもうまく行かない子育て。。。
やっぱりそこにはイライラもあるでしょうし、ストレスを感じることも多いと思います。

では、そんなストレスを解消するために、どうすればいいのか?

以前、僕が行ったカウンセリング事例の中で、
その子育てのポイントがわかるセッションがありました。
今日はその事例をもとに、子育てのストレスを解消するポイントを見てみたいと思います。

心理カウンセリング 無料相談!


 

あるシングルマザーの子育て(カウンセリング事例より)

 

以前、カウンセリングを受けていただいたその方は、
去年、うつ病で会社を3か月休職していた。と話されていました。

3人の子育てとお仕事

母、妻、社員、そして、自らも両親の子供

いろんな役割を果たしながら頑張り続けた彼女。

ハードな部署への異動により、さらに忙しさが増し、頭痛とめまいで眠れなくなる。

偏頭痛の痛さではなく、ボーーッとしている感じ。

いったいいつになったら治るのか??

 

子育てのストレス、仕事のストレス、夫婦間のストレスがピークを迎えていたのです。

 

そんな時、彼女はさらに自分で自分を追いつめていたそうです。

「子供がいるのに、かまってあげられない」

「この子たちは、自分の子供に生まれて本当に良かったのだろうか?」

そして、ご主人とも理解し合えなくなった。

でも、そんな中、彼女は子供のためにも絶対に治すんだ。と必死でうつ病と戦いました。

そして、今はもう完全に治っている。

うつ病を頑張って治す。あんまり聞いたことありません。

本来、がんばるからなる病気。

でも、彼女はそれに打ち勝った。

 

子育てママは本当にすごいです。

 

お話をしていて、彼女の声に力を感じました。

本当にもう良くなったんだな。そう感じることができる声。

(電話でのカウンセリングは声しか聞こえませんが、その声だけでいろんなことがわかります。)

では、今日はどんなご相談ですか??

と聞いてみると、彼女は、今、うつ病を克服し、仕事も復帰できたことで、ご主人との離婚されたそうです。

そして、3人の子供を育てるためにバリバリ頑張っている。

でも、心のどこかにまだ不安がある。そう言われていました。

本当に大丈夫なのだろうか?

そこには、またうつ病になったら…という思いもあるようでした。

彼女は病気の間、さっきも書いたように

「この子たちは、自分の子供に生まれて本当に良かったのだろうか?」

そんな思いがずっとあったそうです。

そして、今も「また病気になったら子供をちゃんと育てることができるのだろうか?」、そんな不安がずっとある。

僕のカウンセリングを受けに来られる方は本当に優しい方が多いです。

自分より家族、友達、同僚を大切にする。

 

子育てで一番大切なポイントとは…

 

このクライアントさんも本当にお子さんのことを心配されていました。

でも、よく考えて欲しいんです。

それだけ、子供のことを思っているお母さん。

そんなお母さんの子供がちゃんと育たないなんてことあると思いますか?

これだけの愛を持って子供に接している。

もうそれだけで十分じゃないですか。

自分の子供に対してこの子が不良にでもなったら…

人に迷惑をかけるような人間になったら…

そうやって心配している親はたくさんいます。

でもね。

僕は、自分の子供を信じて欲しいんです。

もちろん、信じているとは思いますが、同時に、自分も信じて欲しいんです。

これだけ、心配している自分の愛を。。

 

愛を持って育てた子供が変な道に進むはずなんてないんです。

 

でも、それを信じられず、人に迷惑でもかけたらと心配していたら、その心配が現実になります。

自分を信じられず、子供を信じられない親の子だけが変な道に進むんです。

だから、ただただ信じる。

でも、人に迷惑をかけることもあるでしょう。

言うことを聞かないこともあるはずです。

でも、自分の愛を信じ、その子を信じる。

 

子供にはその子が持って生まれたテーマがあるはずです。

 

だから、その子にも、必要な事だけが起こる。

自分に生まれてきたのも、子供が自分を選んで生まれてきたんです。

だから、大丈夫。

すべてを信じ、そして、自分を大切にしていく。

話をクライアントさんの話に戻しますが、

彼女は、今、忙しい毎日を送っていますが、

シングルマザーだけど一人で子供を育てているという感覚ではない。

そう言われていました。

以前はあまりうまく行ってなかったご両親も、今は自分や子供のことを思ってくれているし、

別れたご主人も、今でも子供をちゃんと見てくれている。

彼女は、今、周りの人にいっぱい感謝しながら生きているようでした。

 

そこにある当たり前に感謝できている。

 

話していて、それを感じました。

だから、彼女はもう大丈夫だと思います。

自分を信じ、周りを愛し、そして感謝する。

素晴らしいですね。

あとはがんばりすぎないだけ。。

ぜひ、人生を楽しんでもらいたいと思いました。

 

まとめ!子育てのイライラ・ストレス・様々な悩みを解決する4つのポイント

 

1.子供を信じる。子供には、子供の人生のテーマがある。

2.子供を愛している自分を信じる。あなたの愛は本物です。

3.そこにある当たり前に感謝する。
 今日も愛する子供がそこにいる。自分を頼っている子供がいる。
 それは、まさに奇跡です。ありがとうございます。

4.とにかく、がんばりすぎない。無理する必要はありません。いろんなところを頼りましょう。

あなたは大切な存在です。自分を大切に生きましょう。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日もあなたのまわりが笑顔でいっぱいになりますように。。。

 

無料プレゼント
インナーチャイルドワーク音声ファイルぜひ、ご登録ください。
詳細・ご登録はこちらより↓↓↓
submit-or500

 

【お知らせ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です