鏡の法則の鏡って何が映っているのかご存知ですか?

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

●鏡の法則の鏡って何が映っているのかご存知ですか?

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

今日は、心理カウンセラーと鏡の法則の関係について書いてみたいと思います。
「心理カウンセラーと鏡の法則の関係」と言われても何のことだかわからないと思いますが、実は…

では、その前に一つご案内!

東京での心理カウンセラー養成講座BASICコースの募集をスタートしました。

日程は、3月18日(土)と19日(日)

時間は、二日間とも10時から17時です。

詳細はこちらから↓↓↓
http://earth-coach.com/youseikouza-basic/

では、本題に入って行きましょう。

 

あなたは心理カウンセラー養成講座と聞いてどんなイメージを持ちますか?

 

僕がはじめて心理カウンセラー養成講座に通ったのは、もう14年くらい前になります。

当時の僕は銀行員でした。

なぜ、銀行員の僕が心理カウンセラー?

そう思うかもしれませんが、正直に言うと別に心理カウンセラーになりたいから受けたのではありません。

ただ、自分の問題を解決したい。そう思ったから講座に参加したのです。

というのが、僕は当時、パニック障害で苦しんでいました。
だから、それを克服するために、養成講座に参加した。

参加してびっくりしたのは、ほとんどの人が僕と同じように何がしらの悩みを抱えていたのです。

だから、それを克服するために…

振り返ってみると、僕はこの講座を受け本当に別人になったように思います。

あの当時と今では全く考え方が違います。

そして今ものすごく楽に生きられている。

 

心理カウンセラー養成講座を受けて、僕の何が変わったのか?

 

最近、そんなことを考えてみたんです。
そしたら、一つ思いつくことがありました。

「鏡の法則」って聞いたことありますか?

もう10年ほど前になりますが、大ヒットした本の名前です。

この本を読んだことがなくても、このブログを読んでいただいているあなたなら、
「目の前の現実は、自分を映す鏡なんだ。」という話は聞いたことあると思います。

先日もあるセミナーで、参加者の方からこんな質問がありました。

●彼は、二人のお子さんを持つお父さん

そして、そのお子さん二人とも自己評価が低く、それを何とかしてあげたい。
それが、このお父さんの悩みでした。

どうすれば、子供たちの自己評価をあげることができるのか…?

僕は黙って聞いていたのですが、次の瞬間、彼の口から
「実は、自分自身が自己評価が低いんです。だから、子供達にもそれがうつってしまったのではないだろうか?」

これも鏡の法則ですね。

お父さん自身が自己評価が低いことに悩んでいる。

だから、お子さんも同じように自己評価が低く見えてしまう。

 

鏡の法則の鏡に映っているものとは?

 

お子さんと直接話したわけではないのですが、
お子さん自身が、自分は自己評価が低いから何とかしたい。。なんて思っているわけがないのです。
(だって、まだ小さいお子さんなんです)

ただ、お父さん自身の自己評価が低いために、そう映って見えるだけなんです。

さて、では、ここでちょっと考えてみて下さい。

先ほど、鏡の法則と書きました。

目の前の現実は自分を映す鏡である。でしたね。

では、このお父さんの場合、この鏡は何を映していると思いますか?

このお父さんも、鏡の法則という話はご存知でした。

だからこそ、最愛の子供たちのそれを見て、何とかしたいと思った。

●目の前にいる最愛の子供たちの自己評価が低い。
ということは、これは自分自身が自己評価が低いことが映っているんだ。

だから、自分自身が変わらなければならない。。

多くの人がこう考えると思います。

でも、そんな自分を変えようとしても全然変わらない。

子供達にまで影響しているのに、いったいどうすればいいんだろう?

多くの人が鏡の法則をこのように理解しています。

自分の悪いところが映っている。だから、それをなおさなければならない。。

でも、わかっているけど治らない。。。

いかがでしょうか?

あなたも同じように考えていませんか?

実は、ここに大きな間違いがあるんです。

僕が心理カウンセラー養成講座に参加して大きく変わった点、
それは、この鏡の法則の真実を理解することができるようになったことです。

これが理解できるようになって、鏡に映る自分を変えることができるようになったのです。

 

鏡の法則の真実

 

さて、では、この鏡、、いったい何が映っているのでしょうか?

ちょっと考えてみて下さい。

チッ

チッ

チッ

チッ

チーーーン

いかがでしょうか?何が映っていると思いますか?

答えは簡単です。

ただただ、あなたの思いがそのまま映っているだけです

そこに良いも悪いもない。

意味わかりますか?

このお父さんの例で言うと、お父さんは自己評価が低いことに悩んでいます。

なぜ、悩んでいるのか?

簡単ですね。それは、自己評価が低いということが、悪い事だと思っているからです。

だから、このお父さんの鏡に映っているのは、
自己評価が低いことが悪い事だと思っているお父さんが映っているのです。

この鏡を見て、自分を変えるのであれば、変えるのは、
この自己評価が低いということが悪いと思っている、
その思いを変えればいいんです。

 

鏡の法則の鏡に映る姿はすべて自分の思いが映っているのです。

 

思いが現実を作るんです。
それなのに、思いはそのままに自分自身を変えようとする。

それではうまく行くはずがありません。

自己評価が低い自分を変える唯一の手段は自己評価を高くすることではありません。
自己評価が低い自分でいいじゃないかと自分を認めることです。

ただそれだけ。

だってそうですよね。それを認めれば、その瞬間、自己評価はすでに高くなっている。。。

うまく伝わっているかな…??

 

心理カウンセラーとは

 

心理カウンセラーはクライアントを映す鏡です。
だから、養成講座で、その鏡に映る思いを見つける方法を伝授していくのです。

それが、理解できた時、当然、自分の目の前に映る出来事の意味が分かってくる。

この養成講座BASICコースは、そんな自分をしっかりと見つめる方法をお伝えしていく講座です。

これだけで、プロのカウンセラーになれるわけではありませんが、
これが理解できた時、間違いなく自分の人生が大きく変わっていくのです。

ということで、ぜひあなたも日本こころカウンセリング協会の心理カウンセラ養成講座BASICコースにご参加ください。

いっしょに勉強していきましょう(^^)/

詳細・お申し込みはこちらより
↓↓↓
http://earth-coach.com/youseikouza-basic/

福岡は6名、東京は8名と少人数の募集です。
興味のある方は早めにお申し込みください。

それでは、今日も最後までありがとうございました。
笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

今日も自分を喜ばそう(^^)/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

無料プレゼント
あなたも自分の前世を確認してみませんか?
前世療法無料体験メルマガ「「使命を見つける前世からのメッセージ」」
ぜひ、ご登録ください。

詳細・ご登録はこちらより↓↓↓
submit-or500

 

【お知らせ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です