2017/04/20

自分に自信がない… その原因は??(ヒプノセラピーセッション事例)

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

●自分に自信がない… その原因は??(ヒプノセラピーセッション事例)

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

先日ヒプノのセッションをやっていておもしろいことがありました。
ご本人に了解を得ていますので、
ちょっとご紹介しますね。

そのクライアントさんは
自身もセラピストとして
活躍されている方なのですが、

やっぱりどこでもあることですが、
お仕事をしていてクレームを受けることがある。

彼女も最近
お客さんに怒られたことがあったそうです。

その時、言われた瞬間シュンとしてしまう自分。
そして、何も言えなくなる。

でも、心の中では腹が立っている。

「くそ~」と思いながらでも時間が経つと
自分で自分を責め始めるそうです。

自分はたいしたことないな~
技術が足りないな~

そして、それを気にして悶々とした日が続いていく。

 

自信がない自分が陥るいつものパターンとは

 

彼女はこんなことがよくあるそうです。
人に注意されたり、怒られるとこのパターンに陥っていく。

カウンセリングではなぜそうなるのか?
そこを探っていきました。

出た結果は、やっぱり自分に自信が持てていないから。

本当は、自分が間違っていないと思っても
怒り口調で言われると、瞬間シュンとしてしまう自分。

もし、自分に自信が持てていたら
そんなこと気にせず、お客さんの
正しい指摘はきちんと受け入れ、
そうでない部分は気にしない自分なれるはず。

 

「自信が持てない自分を手放す」

 

今回のヒプノセラピーのテーマをこう設定しました。

何か原因として思い当ることありますか?
彼女にそう尋ねると、

幼いころ、お父さんのお仕事の手伝いをしていて
「役立たず」とお父さんに怒られたことがある。

そんな話になりました。

ひょっとするとそのことが
ずっと自分に残っていて
自分は役に立たない人間だと思い込んでいるのかも…

そこまで確認したところでヒプノセラピーをはじめました。

ゆっくりとリラックスしてもらい催眠状態になった後
そのお父さんに怒られた時に戻って行きます。

彼女は小学3年生

お父さんは自宅で養蚕をやられていたそうです。
カイコさんを飼う仕事。

その工場でお父さんのお手伝いをする自分

目の前にあるたくさんのカイコを
上にぶら下げて繭から糸を取り出す仕事。

彼女は一生懸命お手伝いをしていました。

 

自信がない自分と向き合う人格交代

 

でも、たくさんカイコが入った容器を持ち上げようとした時、
彼女はそれを下に落としてしまいます。

その瞬間、目の前にいたお父さんが
「ちゃんと、しっかり持って…」
そう言いました。

そう言ったお父さんどんな顔してる?
そう聞くと、「真剣に仕事している」

あら?もう怒ってないのかな?
どうやらそれ以上怒ることなく
もくもくとお仕事をしているお父さん。

ヒプノセラピーでは人格交代という技法を使います。

目の前の人の中に入ってみるという方法です。

この時も、真剣にお仕事をしているお父さんに入ってみました。
お父さんに入ることでお父さんの感情を感じることができる。

でも、お父さんは全然怒っていませんでした。

逆に、こんなに幼い娘が自分の手伝いをしてくれる。

そのことがうれしい。
そう感じていたんです。

今度は、もう一度幼い自分に戻り
そのお父さんの気持ちを聞いて
どう思ったのか、それを聞いてみました。

すると、そんなお父さんが大好きという思いが湧きあがってきます。
そして、彼女は笑顔になる。

 

間違った記憶で自分を苦しめていました。

 

セッションが終わって彼女は笑っていました。
「役立たずなんて言われてないですね」(笑)

実は、こういうことってよくあるんです。

自分で勝手に思い込んで、
ずっとその思い込みを握りしめて生きている。

きっと、子供のころの自分にとっては
お父さんの「ちゃんとしっかり持って」
という言葉を厳しく感じたのだと思います。

だから、それが心に残った。
そして、時間が経つごとに
起こった出来事は忘れてしまい。

その時感じた感情だけが残っていく。

そして、いつのまにか、
お父さんに「役立たず」と言われた。
そんな別の記憶まで作ってしまう。

決して彼女が悪いわけではありません。

「ちゃんとしっかり持って」
の言葉が自分は役に立っていない。
そんな思いを作ったんでしょう。。

でも、今回彼女は潜在意識から記憶を取り戻しました。

僕はきっと彼女に変化が起こると思います。
だってもう彼女の中に
「自分は役立たずだ」という思いはないはずだから…

いかがでしょうか?

こうして、間違った記憶で自分を苦しめている。

これって本当に良くあるんです。

自分が信じたことが自分の真実となります。
だから、自分が信じているものを
書き換えると真実も変わってしまう。

今回のセッションであらためて潜在意識のすごさを感じました。

あなたの真実もひょっとすると勘違いかもしれませんよ。

それでは、今日も最後までありがとうございました。
笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

今日も自分を喜ばそう(^^)/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

無料プレゼント
あなたも自分の前世を確認してみませんか?
前世療法無料体験メルマガ「「使命を見つける前世からのメッセージ」」
ぜひ、ご登録ください。

詳細・ご登録はこちらより↓↓↓
submit-or500

 

【お知らせ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です