2017/10/20

自信がない原因はたったひとつ!これさえ変えれば人生が変わる!

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

●自信がない原因はたったひとつ!これさえ変えれば人生が変わる!

 

心理カウンセラーの今泉智樹です。

カウンセリングをやっていると、自分に自信が持てない。

というクライアントさんがたくさんいらっしゃいます。

 

仕事をやっているが全然うまくいかない。自分なんて…

彼氏が欲しいけど、どうせ私なんて誰も…

私が結婚なんて…

 

思うようにいかない現実を目の当たりにし、自分に自信を失っていく。

いかがでしょうか?

あなたは自分に自信がありますか?

 

自信がないクライアントのカウンセリング事例

 

先日のクライアントさんのお仕事は、人の身体を癒すお仕事です。

彼女は、その仕事に誇りを持ち、一生懸命取り組んでいる。

毎日朝7時半から夜9時半まで働いているそうです。

でも、彼女はもっともっとその内容を深めるために、

さらに、仕事が終わった後もいろんな勉強をしています。

美容に関係のあることだったり心に関することだったり…

今週も3回いろんなセミナーに参加したそうです。

 

でも、あまりにもたくさんのことを吸収しようとしすぎて飽和状態。。

 

すべてが必要なことだし、おもしろくて、セミナーに参加した時は、本当に集中できている。

でも、それを頭に入れようとしても、作業をする時間がない…

 

先日、ある同業の方から

「○○なクライアントさんを今度、見ることになっているのですが、

そんな時、どんなことに気をつければいいでしょうか?」

そんな質問があったそうです。

 

でも、彼女はそれに即答できなかった…

もっときちんと対応できる知識が必要だ…

でも、今は自分のクライアントに対応することで精いっぱい…

 

自信のない自分を自分で認めることができない。

 

彼女に聞いてみました。

「同業の方からわざわざ質問があるってすごいことですね。

そう言う事ってよくあるんですか?」

彼女はよくある。そう答えました。

 

つまり、彼女は同業の方から、「この人に聞けば解決できる。」そう思われているという事です。

カウンセラーは常にニュートラルなポジションで話を聞いていきます。

だから、いろいろ考えずに、思ったことをクライアントに伝えるんです。

「へーすごいですね~ 同業の方からそうやって頼られているんだ…」

 

すると彼女は

『そんなことないんです。

自分の周りの中では、私が一番年上だし、

免許取ったのも、ちょっと早いし…

だから、そう思われているだけなんです。

本当は、そんなに言うほどキャリアもないし、でも、それに応えたくて…

逆にそれがプレッシャーで…』

 

自信のない彼女のなりたい姿とは?

 

本当は自信がないんだけど、虚勢を張って、それを見せないようにしてきたんだ。

彼女はそう言いました。

「そうなんですね。」

 

カウンセリングでは、承認することが一番大切です。

すべてを認めてやるんです。。。

 

「それで、あなたはどうなりたいですか?」

 

そう質問すると彼女は

『飽和状態って言いましたが、もっと要領よく整理していけばもっともっと時間を作れると思うんです』

『私はいつも要領が悪くって…』

『そんな要領の悪い自分を変えたいです。。』

 

悩みを解決する方法は二つある。

 

彼女は「要領が悪い自分を改善したい」そう思っていました。

もっともっと、要領よくなって

さらに勉強して、人の期待に応えられる自分になりたい。。。

だから、もっともっと頑張らないと…

 

悩みを解決するには必ず2つの方法があります。

 

一つは、この場合で言うと「要領が悪い自分を改善して要領がよくなる」という方法

もう一つは、「要領が悪くても良いとそんな要領の悪い自分を認める」という方法

つまり、今のままでいいと思えるようになるという方法です。

 

カウンセリングでは基本的に、この後者の選択をしていきます。

なぜかというと、前者、つまり要領が悪い自分を改善するを選択してしまうと、

今回、それを乗り越えたとしてもまた、さらに、他の勉強をしたくなったとします。

そうすると、さらに要領良くならないといけない。

これは、際限なく続きます。

でも、後者を選択すると要領悪い自分を認めるわけですから、それ以上、問題が起こらないのです。

 

自信がない自分を変える唯一の方法

 

だから、カウンセリングでは、その願いを手放すために「なぜ、それが必要だと思うのか?」

そこを探っていくんです。

彼女の場合、自信がない自分がいるという話でした。

こんなに周りから信頼されているのに、自分は自分のことを信頼できていない。

 

なぜ、そうなのか?

あるいは、自信がない自分を虚勢を張って見せないようにしている。という言葉もありました。

であれば、

自信がない自分をさらけ出しても平気でいられるようになれば、

今の苦しみは出てこないかもしれない。

 

つまり、彼女の中では

「自信がない自分」=ダメである。という方程式が成り立っているんです。

これも冷静になって考えてみる。

すると、すべてに自信を持っている人なんてそういない。という事がわかると思います。

 

「自信がない自分」=それでOK

こうなれば、そもそもの問題が解決する。。。

 

自信がない自分で良いと自分を認めることができますか?

 

あなたは、自信がない自分をそれでOKと認めることができますか?

ひょっとすると、あなたはこれを読みながらも「そう言われても…」

自分を認められないかもしれない。

でも、自分に自信がないというあなたでも、一つくらい自信が持てることもあるでしょう。

「いや、本当に一つもないんです。」という人でも、

自分の名前を書くことくらいできますよね。

漢字で自分の名前を正しく書く。。

「えっ、そんなことくらい誰だってできるじゃないですか。そんなことで自信を持てと言われても…」

 

自分に自信を持てない人の特徴

 

自分に自信がないという人は、よく見ていくと、自分に課しているハードルが高い人が多いです。

そんなことできて当たり前。

できていることはたくさんあるのに、そこには目もくれず、

自分ができない事ばかりに目が行ってしまう。

そして、自分はダメだ。何もできない。と自分で自分を苦しめてしまう。。。

 

自信とは、自分を信じると書きます。

つまり、自分に自信を持っている人は自分を信じている人、

自分に自信がないと言っている人は、自分を信じていない人。

 

●自信がない原因はたったひとつ!これさえ変えれば人生が変わる!まとめ

 

探し物をする時に、「ないない」と言って探し物をしてもなかなか見つかりません。

だから、「あるある」とそんな目線で人生を眺めてみるんです。

何度も言いますが、自信なんてなくていいんです。

大切なのは、その自分にOKを出せるかどうか。

できていることに目を向けて、自分にOKを出していく。

人間なんだから、そりゃー思うようにいかないこともたくさんありますよ。

でも、あなたの存在価値はそんなことでは決まらないんです。

あなたは、今そこにいるだけで価値がある。

 

だから、まずは、すべての自分にOKを出してください。

今の自分にOKが出せた時、自然と自分に自信が持てるようになる!

あなたが自分に自信を持って動き出すのを待っている人がきっとたくさんいます。

まだ見ぬ人があなたを待っているんです。

さあ、自信をもって、今日も一歩を進めましょう。

 

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

【お知らせ】
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら