自分には価値がない… そんな自分の価値を高めるために必要なこととは??

●自分には価値がない… そんな自分の価値を高めるために必要なこととは??

心理カウンセラーの今泉智樹です。

カウンセリングをしていると「自分には生きている価値がない。」
そんな悩みを持っている人がいらっしゃいます。

いかがでしょうか?
あなたは「自分は価値ある存在である。」そう思えていますか?

もし、そう思えないのであれば、
あなたは何を根拠に自分は価値がない存在だと思っているのでしょうか?

 

自分の価値を図る根拠とは?

 

自分には価値がない。そう思っている人は、必ずそう判断するための基準があるはずです。

●何をやってもうまく行かない。
●いつも失敗ばかり。
●みんなからバカにされている。
●誰からも相手されない。

などなど

きっと自分に価値がないと思う人はそんな過去の経験をモノサシにして自分の価値を測り、
そして、自分には価値がないんだ。そう判断しているんです。

でも、そのあなたが使っている価値を測るモノサシ。

それって本当に正しいものなのでしょうか?
過去の経験から得たモノサシを未来の自分に当てはめて考えていいのでしょうか?

僕は人間誰だって価値ある存在である。そう信じています。
だから、カウンセリングの時でも、その考え方をいつも土台に置いてお話ししていくのです。

でも、そうは言っても、

実際に私はお金も持っていないし…
仕事やっても全然うまく行かないし…
人間関係だってボロボロ。
友達なんて誰もいない。。。

自分のどこに価値があるんだ!ひょっとするとあなたもそう言いたくなるかもしれません。。。
でも、僕らはやっぱり価値がある存在なんです。。。

 

人間だれしも価値ある存在である。

 

先ほど、この価値ある存在である。ということを土台に置くと言いました。
どういう意味なのか、ちょっと分かりにくいかもしれませんので説明させていただきます。

何をやってもダメ だから⇒ 私には価値がない。
多くの人がそう考えます。

でも、「価値ある存在である」ということを土台に置くとは、
まず最初に、自分は価値がある存在である。ということを決めるということです。

どんなに結果を出していなくても結構です。
ただ、自分は価値ある存在である。自分は素晴らしいんだと最初に決めてしまいます。

すると、何が起こると思いますか?

そうです。
先ほど書いた、

実際に私はお金も持っていないし…
仕事やっても全然うまく行かないし…
人間関係だってボロボロ。
友達なんて誰もいない。

こういう現実がおかしい事である。ということがわかると思います。

良いですか?もう一度説明しますよ。
もともと、僕らは価値がある存在なんです。
すばらしい存在なんです。
(先ほど、そう決めました)

でも、こうもたくさんうまく行かない現実がある。
それって何かおかしくないですか?

本来、価値ある存在である自分が、
お金もないし、仕事もうまく行かないし、
人間関係もうまく行かない。友達も一人もいない。。

やっぱりこの状態っておかしいよね。。
そう考えていくんです。

そして、なぜ、そんなおかしなことが起こっているのか、それを探っていくんです。

 

「価値ある存在である。」を土台に置くことで、自分の何がいけないのか?が見つかる!

 

価値ある存在なのに、おかしな結果になっている。
では、なぜ、そんなことが起こっているのか?

それを見ていくと、おかしな結果になっている原因が見えてくる。

●いつも、何かに挑戦しようとするとすぐに「どうせ無理」
  という考え方が浮かんできて、途中でやめてしまう。とか、

●挑戦はしてみたものの、何度かうまく行かないと放り出してしまうとか、、

●新しいことにチャレンジしようとすると「失敗したらどうしよう」と思ってチャレンジできないとか、、、

それこそ、過去の経験というモノサシを未来にまで当てはめて、
もうこれ以上傷つかないでいいように自分を守ろうとしているのです。

確かにうまく行かないこともあるでしょう。
途中で投げ出したくなることもあると思います。
新しいことにチャレンジすることは誰だって怖いんです。

でも、本当にこのままでいいのでしょうか?

価値ある存在なのに、思うようにいかない結果のままでいいのだろうか?

これって、ある意味、
旅行のチケットは手に入れたけど、道に迷ってしまいそうだから旅行に行かない。
1等の宝くじが当たったけれど、それが世間にばれたらみんなに何か言われるかもしれないから当選金をもらいに行かない。
美味しいステーキがあるけれど、おなかが痛くなったら嫌だから食べない。

みたいな、ことをやっているのと同じではないでしょうか?

 

「価値ある存在」に見合う結果を残すためには…

 

ちょっと思い出してみて下さい。

幼いころの僕らは、見るもの聞くもの知らないことだらけ。

そんな中で、毎日新しい発見があってワクワクしながら日々を過ごしてたと思います。

でも、大人になると今日もいつもと同じ一日。
毎日毎日同じことの繰り返し。

僕らに生まれつき備わっている学習機能が働いて自分を傷つけないよう

・そんなことやったって一緒
・どうせ無理
・無駄無駄…

と新しいことに挑戦することをやめてしまう。

でも、大人になった僕らだって、本当は知らないことだらけなんです。
大人になって知ってるふりしていても世界は本当に広いんです。

人間の寿命ではすべてを体験することなんてできない。

そんなにたくさんワクワクがあるのに
知っているふりをして動こうとしない。

 

可能と不可能という言葉がありますね。

 

大人になると自分にできること
つまり可能の世界で生きようとします。

でも、その外側には不可能の世界
今の自分にはできないことがたくさんあります。

ほとんどの人が可能の世界より不可能の世界が広いはず。

でも、本来価値ある存在なのに、思うような結果を出さないままであきらめてしまっている。。
今の自分に可能な小さな世界にいつの間にか収まって、それで満足してしまっている。

本当にこのままでいいのでしょうか?

 

人生は短い!

 

僕らの死亡確率は何があっても100%
正直、自分を責めている暇なんてありません。

失敗したっていいじゃないですか。

鉄人28号だって27回失敗してるんだから。

「失敗した」を「経験した」に変え、自分の可能性にチャレンジする。

はっきり言わせてもらいますが、あなたの可能性そんなもんじゃないですから!

まずは、自分は価値ある存在であると決めること。
そして、決めたことで見えてきた自分を引き留めている行動パターンや考え方を見つけてください。
その考え方や行動パターンは、ただ単に過去の経験という誤ったモノサシであることを認識してください。

後は、自分を信じて、不可能の世界・自分が知らなかった世界にチャレンジしていくだけ。

それができた時、当然、価値ある存在にふさわしい結果が手に入るのです。

人間の可能性は無限大!
自分を信じて一歩を踏み出そう。
そう、あの子供の時のように。。。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日もあなたのまわりが笑顔でいっぱいになりますように。。。

 

無料プレゼント
インナーチャイルドワーク音声ファイルぜひ、ご登録ください。
詳細・ご登録はこちらより↓↓↓
submit-or500

 

【お知らせ】

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です