カウンセラー 脱サラ・独立・起業の為の仕組みづくり

add_text

「脱サラ・独立・起業の為の仕組みづくり」

会社を辞めて自分で仕事をしていきたい。
僕はずっとそう思っていました。

でも、なかなか仕事を辞めることができなかった。
なぜなら、自分でやって行ける自信がなかったから。。

「最初から自信がある人なんていない。」
自分にそう言い聞かせて銀行を退職した僕

今考えるとよくあんなことしたな~と思います。
だって何の準備もできていなかったから…

あの時、今の僕がそばにいたら、こんなに遠回りをする必要も無かったのに。。。

会議

カウンセリングやコーチング、セラピーなどなど
個人向けの事業をスタートする場合、
実は、必ずやらなければならないことがいくつかあるんです

サラリーマン時代に、それをしっかり実践できれば独立してもうまくいくに決まっている。
でも、その準備ができていなかったら、独立後に大きな時間とお金が必要になる。

 

必ずやらなければならないこと。なんだと思いますか?

 

それは、あなたのファンを作ることです。

wikipediaで「ファン」と調べてみると「特定の対象に対する応援者、愛好者のこと。」
そう書かれています。

もし、あなたがカウンセラーでそのあなたにファンがいるとしたら、そのファンとはどんな人でしょうか?

何か相談したいことや悩みがある時に、「この人に聞いてみよう。」とあなたのことが浮かんでくる人。
僕はそれがカウンセラーのファンだと思います。

カウンセリングはどんな人が受けるのか?

やっぱり悩みを抱えている人ですね。
でも、悩みを抱えたらすぐにカウンセリングを受けるかというとそうではない。
悩みを持っていても、なかなか受けないと思います。

でも、もし、あなたが常日頃から「この人と話をしてみたい。」そう思っているカウンセラーがいて、その人からカウンセリング受けませんか?と言われたらどうでしょう。

きっと受けてみたいと思うと思います。

でも、もしその人のカウンセリングを受けて、悩みを解決できたとします。
そうなるとどうでしょう?

いくらファンだからと言って、悩みが無いのにお金を払ってまでお話しをすることはないと思います。

ということは…

 

カウンセラーを仕事にしていこうと思ったら一人や二人のファンでは足りないのです。

 

さあ、ではちょっと考えてみてください。
「悩みを抱えた時、あなたのことを真っ先に思い浮かべてくれる人は何人いますか?」

これまで、僕はカウンセラーやコーチの人にむけて、コーチングやコンサルを行ってきました。

その時、必ずこの質問をするんです。
「見込み客は何人いますか?」

見込み客とはここでいう『ファン』のことです。

でも、ほとんどの方が、「0」と答えます。

そんなこと考えたことがない。
私にファンなんていません・・

であれば、もし、その人が独立したいと会社を辞めたとします。
どうなると思いますか?

そうです。お客さんが全然来ないんです。

 

偉そうに言っていますが、僕が銀行を辞めた時、僕の見込み客はやっぱり「0」でした。

 

そうすると何が起こるか?
当然、お客さんは誰も来ない。。

当時、何とかしたいと必死にブログを書きました。
でも、全然お客さんは来てくれない。

ひょっとして、価格が高いのではないだろうか?そう思って価格を下げてみました。
でも、誰も来ない。

そうだ。もっと違う勉強が必要なんだ。

よし!新しい心理学の講座を学んでみよう。

そうやって、次から次にいろんな講座に参加しました。
たくさん資格を取りました。

でも、お客さんはぜんぜん増えない。

そして、手元の資金が無くなっていく。。

こんなに一生懸命頑張っているのに、何がいけないんだろう?
何が足りないんだろう?
必死で必死で考えました。

 

銀行辞めなきゃ良かった。。。

 

そんな思いが何度も湧いてきました。

最初に「自信がなかったからなかなか銀行を辞めることができなかった。」そう書きました。

そう思っていた時、僕にとってこの「自信」とは何か?そんな定義も有りませんでした。
そして、何も考えずに仕事を辞めてしまった。

辞める時、僕はこんなことを思っていました。
「家族を守るためならなんでもやる!」

そう心に誓って、自信が無いまま無理やり会社を辞めた。

そんな時、ある人にこんなことを言われたことがありました。

「家族を守るためなら何でもやると思うのであれば、もう少し銀行にいてみてはどうだ。」

そう言われて僕は愕然としました。

さっき、何でもやるって言ったのに、「それはできない。。」と思っている自分がいる。

 

人間ってそんなものなんです。

 

「絶対にやる」と言いながら、すぐやめてしまう。

会社を辞めるのは簡単です。
でも、辞めた後、後悔するのであればやめない方がいい。

どんなに絶対やると言っても、そんな思いは環境が変わればすぐに変わります。

私は絶対にそんなことない!そう自信があるのであれば、
僕は会社を辞めるのも止めません。
きっと、それだけの自信を自分に持てるのであれば何をやっても成功するでしょう。

でも、もしあなたにそれだけの自信が無いのであれば、
まずは、お仕事をしながらあなたのファンを増やす活動をしてください。

あなたにお客さんが集まってくる仕組みを作ってから辞めても遅くはないのです。

仕組みづくりには時間がどうしても必要です。
だからこそ、給料がもらえるその時に準備をしていくんです。

 

ファンを増やすために何が必要か?

 

では、ここで、自分のファンを増やすために何が必要なのか?
それを考えてみましょう。

あなたは、スポーツ選手やミュージシャンのファンになったことがありますか?
ある方なら、どうして自分がその人のファンになったのか?
それを考えてみてください。

きっと、その人の過去の行いや、ストーリー、そして、今の言動等、共感する部分がたくさんあったのではありませんか?

つまり、あなたはファンになる前にその人のことを知る機会があったのだと思います。

カウンセラーでもコーチでも同じです。
自分のファンになってもらいたいと思えば、自分がどんな人間であるのか?
それをしっかりと伝える必要がある。

そしてその自分の思いやストーリーに共感してくれた人、
それがあなたのファンになるんです。

 

私にファンなんてできるわけがない!

 

多分、ここまで読んでそう思った方もいらっしゃると思います。
でも、断言します!
それは絶対に違います。

あなたは、これまで、他の誰も経験してこなかったあなただけの人生を歩んできた。
きっとつらいことも、楽しいこともいっぱいあったと思います。

だから、あなたにはあなただけにしかない力があります。

そして、もう一つ言えることがあります。
それは、「あなたを待っている人がいる」ということです。

ここまで読み進めたあなたはきっとカウンセリングやコーチングに興味を持っている人だと思います。
そうであれば、必ず、あなたのカウンセリングやコーチングを待っている人がいるんです。

「私を待っている人なんているはずない」
そう思うかもしれませんが、絶対にいます。

 

ちょっとイメージしてみてください。

 

あなたが誰かのカウンセリングを受けるとします。

その時、どんな人から受けたいですか?
超一流カウンセラーから受けたいと思いますか?

超一流から受けたいと思う人もいるでしょう。
でも、超一流のカウンセラーから受けるとなると、当然料金も高いだろうし、
自分なんかがこんな有名な人のカウンセリングなんてとんでもない。
そう思う方も多いと思います。

クライアントはちゃんと自分に合ったカウンセラーを選ぶんです。
だから、もし、自分が駆け出しのカウンセラーだとしても
その駆け出しのあなたから受けたいそう思う人が必ずいる。

だからこそ、あなたは、その人に「私はここにいますよ。」としっかりと伝えなければなりません。

あなただけにしかないストーリー
あなただけにしかない素晴らしい能力
あなただけにしかない経験

何度も書きますが、あなたにはあなたにしかない力があります。
そして、その力は多くの人に貢献すべく、あなたが気づくのを待っています。

あなたがその力に気づけたとき、必ずあなたに変化が起こります。
きっと、たくさんの人に自分を知ってもらいたい。そう思うはずです。

ぜひ、あなただけのメッセージを見つけてください。

 

脱サラ・独立・起業の為の仕組みを作りたい

 

もし、あなたがそう思うのであれば、ぜひ一度僕のカウンセリングを受けてみてください。
自分のことが見えてこない時、それは、あなたが自分を見せないようにブロックしているのです。
だからそのブロックを取り外し、本当のあなたを見つけていく。

60分のカウンセリングの中で、あなたの方向性を見つけ出します。

●カウンセリングに興味のある方はこちらより

あなたのチャレンジお待ちしています。

公開日:
最終更新日:2016/03/26