2016/09/07

引き寄せの法則 夢を叶えるために必要なこと!

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

af9920045411o

●引き寄せの法則 夢を叶えるために必要なこと!

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

突然ですが、中村文昭さんってご存知ですか?
年間300講演以上を務める講演家さんなのですが、

僕が、銀行員時代、先輩の車の中で彼の講演CDを聞きました。
はじめて聞いたCDは本当に感動でした。
それから、何度か講演会にも参加させていただきました。

今、彼の講演は私の車にも入っていて、何度も何度も聞きました。
文昭さんはいつも同じことを言われます。

「何のために?」

何のためにそれをやるのか?

これをやったら儲けそうだから…
じゃあ儲けたお金で何をするのか?

海外旅行に行く、高級車を買う
かっこいい服を買う、贅沢をする…

じゃあ何のために海外旅行に行くのか?
高級車を買うのか?
かっこいい服を買うのか?
贅沢をするのか?

 

すべてが「何のために。」

 

全世界3,000万部、国内180万部を超え、
今も読み続けられている『7つの習慣』という本があります。

この本でも、強力なミッションステートメントを作り
それにしたがって生きることが大切である。
そう書かれています。

この本でいうミッションステートメントとは
やっぱり目的意識「何のために?」なんです。

この「何のために?」が自分の中にしっかりある人はそこに向かって行動ができる。

でも今、カウンセリングをやっていて
この「何のためにがわからない。。」
そう言われる方が本当に多いです。

 

以前、僕のメルマガにこんなコメントをいただいたことがありました。

 

何のために。。?と
何万回も考えたはずなのに、
思い通りにいかないことばっかり、

でも、また歩き出す。歩き出さないといけない。

何のためにって自分に問いながら。
幸せになるって、こんなに大変な事なのか。
はたまた私の幸せって、

果たしてあるの、そもそも、、。

と、今日も自問自答しながら、
それでも必死で前向きに生きています。

ありがとうございます。

 

「思い通りにいかないことばっかり…」

 

ほんとそうですよね。

僕もよくそう思います。
なかなか思うようにいかない!

でも、僕たちは思い通りにしか生きれない。
そうもいいますね。

「思い通りにいかないことばっかり…」
その思いが実現している。

でも、このコメントをいただいた方は
「それでも必死で前向きに生きていきます。」

そう宣言していただけました。
すばらしいですね。

この思いが必ずしあわせを連れてきてくれると思います。

 

多くの人が、絶対確実な方法であると確信できない限り、迷いながら行動します。

 

もっといい方法があるんじゃないだろうか?

今やっていることで本当に成果が出るんだろうか?

こういう人にとっては、努力したことが問題ではなく
結果が出るか出ないか、それが問題なんです。

でも、結果が出るかどうかなんてわかりません。

オリンピックで金メダルを取りたい
そう思う若者が、

どうしたら金メダルが取れるだろうか?
それをいくら探したところで
確実な方法なんて見つかりません。

絶対確実な方法なんてあるわけないんです。

今与えられた環境の中で、全力で練習に取り組むしかないんです。

その成果が一つずつ積み重なり
金メダルに近づいていくんです。

でも、金メダルの保証なんてどこにもない。。。

 

なんでも同じですが、成果を得られる確実な方法なんてどこにもないんです。

 

だから、今できることに全力で取り組んでいくしかない。

ありもしない確実な方法を探す暇があったら
今できることをやるんです。

そして、それがうまくいかなかったら
次の方法を考えて実践すればいい。

何かに取り組んで結果が出ることが
しあわせではありません。

当然、成果が出ればうれしいでしょうが、
そうではなく、その成果に向かって
進んでいる毎日にしあわせを感じていく。

それが本当のしあわせではないだろうか?

いただいたコメントの中に
「今日も自問自答しながら」
という言葉がありました。

成果に向かうことにしあわせを
感じることができるかどうか。

実は、この自問自答の内容にかかっているんです。

 

なぜうまくいかないんだろう?

 

どうして私にはできないのか?
何がいけないんだろう?

多くの人がこういう自問自答を繰り返しています。

他の人はうまくいっているのに
私にできない理由はなんだろう?

つまり、自分を責めているんです。

自分を責めている時の感情は、きっと嫌な気分だと思います。

この自問自答を繰り返していけば
当然、毎日が嫌な気分の連続です。

嫌な気分が、
すべてが思った通りになるこの世界では
嫌な現実を連れてきます。

そこで、自問自答の内容を変えてみるんです。

「なぜうまくいかないんだろう?」
これを
「どうしたらうまくいくだろう?」

そう変えるんです。

そして、こうしたらうまくいくかも
という方法を考えだし、
その方法でうまくいっている自分を想像するんです。

 

これをやればきっとお客さんがたくさん来てくれる。

 

たくさんお客さんが来ている
ところをどんどんイメージしていきます。

お客さんがたくさん来ている
というのは、イメージで現実ではありませんが、

そんなイメージをしている時
なんだかしあわせな気持ちになっています。

お客さんが来ているのは
現実ではありませんが、

その時、なんだか幸せな
気持ちになっているのは現実です。

僕たちはこうしていつでも
しあわせになることができる。

 

人生の質は、質問の質。
よくそんな話を聞きます。

 

自分に対してどんな質問を繰り返しているか。

それで、人生が決まってくるんです。

どうしたらうまくいくんだろう?
それを繰り返しながら
成功したイメージを頭の中に焼き付ける。

そのイメージをしている時、私たちはしあわせです。

このしあわせを繰り返すことで
毎日がしあわせになってくる。

そして、このしあわせを感じている
自分の中から、現実として
しあわせな環境が実現していく。。。

いかがでしょうか?
自分の思いがすべてを作っていくんです。

 

「何のために?」はその成果を得るために考えるのではありません。

 

今ここをハッピーに生きるために
自分をワクワクさせるために作るんです。

だから、ワクワクしない目的なんて必要ない!

「何のために?」がわからない。
そんな方は、どんな自分になったらワクワクしそうか?
そう考えてみてはいかがでしょうか?

今ここ この瞬間を楽しむために人生はある。
僕はそう思っています。

ぜひあなたも、今の自分をワクワクさせてください。
きっとしあわせな現実が手に入りますよ。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

カウンセリングの詳細・お申し込みはこちら

  ↓↓↓
126.25.220.28 (1)

 

【お知らせ】
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です