2016/12/09

頑張る生き方と頑張らない生き方

頑張る頑張らない

●頑張る生き方と頑張らな生き方

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

先日この記事【よりよく人生を生きるために必要なこと…】を読んでこんなコメントをいただきました。

今泉さん、『頑張らない』ことと『何もしない』ってのは別なんですか??
そして、エネルギー値がもともと低い人はどうすれば良いんでしょう?

頑張らないのでは、本来在りたい姿のためにやらねばいけないことから、逃げるんじゃないかって思うんですよ。

逃げ口実。そこはどうなんでしょう??

 

あなたはこのコメントを読みどう思いましたか?

 

同じように、逃げ口実と思われた方も多いのかもしれません。

でも、よく見てもらいたいのです。

「本来在りたい姿のためにやらねばいけないことから、逃げる…」

これは、在りたい姿になるためには、何かをすることが必要である。という観点で書かれています。

でも、僕が言いたかったのは、がんばっても報われない。ということ。

つまり、何かをしてもしなくても、結果は同じです。ということです。

 

もちろん「頑張ることが良いことなのか?それとも悪いことなのか?」ということではありません。

 

多くの人ががんばることが結果に影響している。と思っています。

偉そうに言っていますが、当然、僕もずっとそう思っていました。

というか、誰よりもそう強く思っていたように思います。

でも、どんなにがんばっても結果は出なかったんです。

そしてわかりました。

がんばるから結果がでるのではないと。。

結果は、どうやっても出るんです。

その結果がいい結果か?悪い結果か?とがんばりとは何も関係ありません。

じゃあ、何もしない方がいいじゃないか!と言いたくなるかもしれませんが、何もしないという選択もありだと思います。

だって、出る答えは一緒なのだから。。

 

でも、がんばるのと頑張らないのには一つだけ違いがあります。

 

何が違うかと言うと、その時に感じる感情に違いがあるんです。

一生懸命がんばって、成果が出たら当然うれしいと思います。

そして、がんばってできなかったら、余計に悔しい。

僕らは体験するために、今世生まれてきた。

であれば、必死にがんばって、喜びや悔しさをより感じてみるという生き方もありだと思います。

 

でも、やっぱり頑張りは結果とは関係がない!

 

しつこいですね(笑)

いや絶対にそんなことはない。

だって現に私はがんばったからこうなったんだ。。。

と言いたくなる人もいるでしょう。

でも、それは、ハンドル付きのチャイルドシートに座って、そのハンドルを切っているのと同じなのです。

たまたま、自分がチャイルドシートのハンドルを右に切った時、運転手がハンドルを右に切り右に動き始める。

すると当然、自分が動かしたと思います。

そして、思わぬ方向へ進んだ時、

「失敗した」という意味づけをし、もっともっと強くハンドルを切る。

でも、当然、どんなにがんばっても結果は同じです。

 

では、僕らは結果を出すために何もできないのだろうか?

 

がんばってもいっしょ。。

僕はこれも違うと思います。僕らにもできることがある。

がんばろうが、がんばるまいが結果は決まっている。

じゃあ、その結果はどこで決まるのか?

それは、自分の思いなのです。

思いが現実を創っている。

 

がんばっていても、どうせこんなことできっこない。。

 

そう思っていたら、どんなに頑張ってもできません。

でも、逆に、自分は成功して当たり前だ!と思っていたら何もしなくても成功してしまう。

すべては、自分の思いなのです。

だから、僕らにできるのは、その思いを変えること。

ちょっと自分を振り返ってみて下さい。

あなたの思い通りの自分ではありませんか?

私にはお金がない。と思う人はお金がなく。

人前で話すのが苦手と思う人は、人前で話すことが苦手なんです。

 

すべては思いからスタートする。

 

いかがでしょうか?

いろんな意見があると思いますが、僕はそう思っています。

あなたにこうなりたいという姿が描けるのであれば、必ずそれになることができる。

自分を信じて、あなたのなりたい姿をしっかりと描いてみて下さい。

それが、あなたにとっての今必要なこと。。

それでは、今日も最後までありがとうございました。
笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

 

【お知らせ】
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です