あきらめる人生は、もう卒業!

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

●あきらめる人生はもう卒業!

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

実は、今年になってジョギングをはじめました。

ここ何年も息が上がることがなかったのですが、
(全く運動していなかったので)ちょっと走っただけでハアハア…

やっぱり48歳。。体力は落ちてますね。

これまで、走ろうと思ったことは何度もあったのですが、
正直に言うと、この走るということが一番苦手で…

特に、うつやパニック障害を経験してからは、心臓がドキドキすることが怖くって。。

きっとこれも予期不安の一種なのでしょうが、

※予期不安とは、またパニック発作が起こったらどうしようとか、
人から変に思われたらどうしようとか、眠れなかったらどうしようと、
これから先のことに対して不安を感じる症状のことを言います。
神経症の場合の典型的な特徴。

 

あきらめる人生を卒業するために

 

でも、僕の今年のテーマは「丁寧に生きる」

本当に自分がやりたいと思ったことをやっていこう。
そう決めたんです。

であれば、今のこの運動不足やこの体形
(たこ焼きに爪楊枝を4本刺したような身体)

※たこ焼きが身体で、手足が爪楊枝ね(^^)/(笑)

そんな自分でいたくない。
だから、怖かったけど始めました。

しかし、本当に運動不足はダメですね。
ちょっと走っただけで、本当に心臓が爆発しそう。。

でも、それも、気のせいかもしれない。。
だって、俺は昔、ラグビーの選手でとにかく走り回っていたんだ。

そんなにやわな身体ではないはず、
サッカーのカズやゴンは今でも現役でプロとしてやっている。

俺だって2、3キロ走ったくらいでどうこうなるはずがない…

そうやって自分に言い聞かせながら一歩一歩進んでいく。

 

自分に一度も勝ったことがない自分

 

ゆっくりゆっくり走っていくと、頭の中でいろんなことが浮かんできます。
これまで俺は自分に勝ったことがないな。。

何をやっても、結構、上手にできるんです。
幼いころから器用だったと思います。

でも、すぐ飽きて、本物になることができない。

そんな時、器用だからこそ、頭でいろんな言い訳が浮かんでくる。

そんなことやったって意味がない。
どうせそんなことできるはずがない。
そんなの無駄無駄…

 

言い訳がうまいからきっと周りの人にはそうは見えなかったかもしれない。

 

でも、どうやっても自分は騙せないんです。
本当にやりたいことがあるのに、それをいろんな言い訳でくるんで、見えなくしてしまう。

でも、どんなにうまい言い訳をしても本当の自分はちゃんとわかっているんです。

丁寧に生きるということは、自分に楽をさせることではありません。

どんなに時間がかかろうと、どんなに効率が悪かろうと、本当の自分で素直に生きる。
そんな人生を送っていきたい。。。

 

幼いころからずっとあきらめてきた自分

 

昨日、走っていて、ふと小学生の頃、毎朝ジョギングしていたことを思い出しました。
というのが、先生が毎朝走るぞ!と言い始めたんです。

でも、ただ走るだけでは面白くない。
だから、日本一周しようということになりました。

日本一周も距離で日本一周するのではなく、日本地図を書き、
各都道府県の県庁所在地をマークして、グラウンドを15周走れたら一つ県を進めることができる。

そんなルールでクラス全員で走り始めたんです。

最初は、面白いからみんな早く学校へ来て走ります。

でも、そこでも、そんなことやったって意味がない。
そう言っている自分がいました。

 

だから、当然、僕はなかなか進めない。

 

早い人は、あっという間に日本一周して、地図も2枚目、3枚目…

僕との差がどんどん開いていく。

そうなると、僕の言い訳もどんどん多くなっていき、
でも、同時に、自分の中でどんどん苦しくなっていく自分がいる。。

あきらめてあきらめて…
幼いころから全然変わっていない自分。。

これもやっぱり幼いころに受けた教育によるところが大きいと思います。

僕の潜在意識の中にいったい何があるんだろう?

考えてもなかなか答えは見つかりませんが、

でも、どんな記憶があろうと、それは過去の話です。

幼い頃、どんなにつらい思いをしていようが、もうそれは今の自分ではないんです。

だから、いつからでも、自分を変えることはできる。

このジョギングという一つのチャレンジ。
これは、僕にとって自分を変えるためのチャレンジです。

これまでと違う行動をすれば必ず、これまでとは違う結果が出る。

いかがでしょうか?

あなたの中にも、言い訳でくるんでいる本当の自分が眠っていませんか?
もしいたら、何か行動を変えてみて下さい。

ちがうことをすれば必ず違う答えが出ます。

今年は、僕と一緒に次のステージへ上っていきましょう(^^)/

それでは、今日も最後までありがとうございました。
笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

今日も自分を喜ばそう(^^)/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

無料プレゼント
あなたも自分の前世を確認してみませんか?
前世療法無料体験メルマガ「「使命を見つける前世からのメッセージ」」
ぜひ、ご登録ください。

詳細・ご登録はこちらより↓↓↓
submit-or500

 

【お知らせ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら