2016/09/04

カウンセラーを目指す人の不安を払拭するために…

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

カウンセラー協会

●カウンセラーを目指す人の不安を払拭するために!

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

以前、心理カウンセラーを目指している人からこんなメッセージをもらったことがありました。

私の息子は去年、不登校でした。

今年の四月からは保健室や教室を行き来しながらも、欠席することなく一学期を終えることができ、本人の成長に拍手!と、家族で喜んでいました。

つい先日、私の古い友人が、息子の事を「発達障害も視野に入れてみては」というようなことをいってきました。

なぜそう思ったのか?と尋ねると、不登校児はこんな傾向がある、と専門的なアドバイス?をされました。

「私は専門家ではないからこれくらいの知識しかない」と言われ…
『これくらいの知識』もない自分なんてダメだ。
カウンセリングでアドバイスすることはないとしても、不登校について知らない自分、知識不足の自分がカウンセラーなんて…という気持ちが強くなり、「まだまだだ…」と。

息子が学校に行くようになった事も一時的なものなのか…といろんな不安も感じていて、こんな私がカウンセラーなんていえない、と思ってしまいます。

全てを習得してから!という、意識が一歩踏み出せない理由かもしれません。

 

やりたいことが見つかったのになかなか一歩が踏み出せない。

 

そういう悩みを持っている方はすごく多いです。

これだ!って思ったのに、次から次へと不安が襲ってくる。

心理カウンセラーを目指す人って、やっぱり自分自身が過去につらい思いを経験してきた人が多いです。

だから、この経験を活かしたい。

でも、そんな悩みを持った経験があるからこそ、どこかにまだ自分を認められない部分が残っているのかもしれません。

でも、ここで勘違いしないでほしいんです。

不安が襲ってくるのは、今の自分がダメだからではありません。

どんなに自分に自信を持っていようが、先のことはわからないし、確かなものなんて、この世に一つもないんです。

だから、今できることに全力を尽くす。

でも、そうは言っても…

うん、その気持ちもわかります。

 

僕は今、日本こころカウンセリング協会という社団法人を作る手続きを進めています。

 

この協会の一つの目的は、そんな不安を持っているカウンセラーを応援すること。

心理カウンセラーは個人事業で始める方が多いです。

だから、なかなか悩みや不安を持っても相談する相手がいない。

結構カウンセラーって孤独なんです。

だから、そんなカウンセラーが集まって、みんなで応援し合えたら…

具体的には、

カウンセリングを行う場所を提供したり、

カウンセリングのスキルアップのための勉強会を開いたり

お客さんを集めるためのマーケティングの勉強会をしたり

みんなで癒しのイベントを開催したり

有名な方を招いて講演会を開催したり…

やりたいことは本当にたくさんあるんです。

 

今月16日からヒプノセラピスト養成講座を開催しますが、

 

この講座に参加していただいた人は、この協会の認定セラピストとなっていただく予定です。

今、一緒に協会を作る祝原さんと二人でいろいろ考えていますが、

今後は、認定セラピストさんも一緒にこの協会を作っていってもらいたい。

前からずっと言っていますが、僕の夢は、カウンセリングのイメージを変えることです。

「病んだ人が受けるもの。」今はそう思われている心理カウンセリング。

でも、そうではなく、自分のメンテナンスのために気軽にカウンセリングを受けることができるそんな日本を作っていきたいんです。

でも、この夢、結構壮大で僕一人ではとても叶えることができない。。

 

だから、仲間を集めたいんです。

 

不安に押しつぶされそうで、仲間が欲しい。そう思っている人が集まる。

そしたら不安がいっぱいになりそうですが、そうではありません。

不安が集まるからこそ、そこに知恵が生まれるんです。

どうやって、その不安を乗り切るか。。

きっと、そこには、もうすでにその不安を乗り越えた人がいるかもしれない。

みんなで渡れば怖くない方式で、前に進んでいけるかもしれない。。

仲間が集まることでできることって絶対に広がっていくんです。

 

昔、ジョン・F・ケネディ大統領が国民に対して

 

「国民の皆さん、国が皆さんに何をしてくれるかではなく、

みなさんが、国に対して何ができるかを考えてください。」

と訴えた有名な演説がありますね。

これと同じように、今は不安でいっぱいだけど、自分にも何かできることがあるはずだ。

そんな思いを持った人が集まることで日本を変えることができるような気がするんです。。

だから、あなたにもこの協会の最初のメンバーになってもらいたい。。

何度も言いますが、不安がなくなってから前に進もうと思っても、不安はいつまでもなくなりません。

でも、そんな不安を持っている自分にも必ずできることがある。

ぜひ、あなたにできる一歩を見つけてください。

もし、その一歩を僕と一緒に進めてもらえるのであれば、すごく嬉しいです。

ヒプノセラピスト養成講座に興味がある方はこちらをご覧ください。
http://www.reservestock.jp/events/126759

一緒に日本を変えましょう(^^)/

それでは、今日も最後までありがとうございました。
笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

自分を変えたい!そんなあなたの為の無料メルマガ
「心の取扱い説明書」ぜひ、ご登録ください。
詳細・ご登録はこちらより↓↓↓
submit-or500

 

【お知らせ】
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら