2017/04/26

上司と合わない。出世できない。。会社を辞めたい!そんなあなたへ

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

上司と合わない

●上司と合わない。出世できない。。会社を辞めたい!そんなあなたへ

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

先日カウンセリングをしていてこんな話になりました。

相談者は、銀行の副支店長
彼曰く、支店長と合わない。

詳しく聞くと彼はかなり大変そう。

毎日帰るのも遅いし、土日も出勤して仕事をしている。

でも、元銀行員の私から見ると
なぜ副支店長がそんなに忙しいの??

僕の中では副支店長であれば
ある意味、支店実働部隊のトップ

だから、部下にいろんな仕事をさせる役のはず…
でも、彼は末端の仕事まで自分でいろんなことをやっている。

 

なぜ副支店長がそんなことしているの?

 

そう聞くと、だって成績も悪いし
支店長がいろいろ言うから。

いつも遅く帰っているのも支店長が帰らないから。

休日出勤するのも支店長が出ろって言うから。。

彼は以前も私にそんな相談をしてきました。
支店長と合わないんだって。

すべては自分が作っている。
いつもこのブログでそう書いていますが、
この場合も全くそうだと思うんです。

彼はすごく優しい人で仕事もできるのですが、
人にいろいろ指示するのがちょっと苦手です。

だから、部下にやらせるよりも自分が動いてしまう。
でも、一人ですべてをできるわけでもなく、
また本来部下がやる仕事をカバーしてしまうから部下が伸びない。

結局、成績も伸びないから支店長からまた怒られる。
そんなパターンを繰り返している。

 

じゃあ、いったいどうすればいいんだろう?

 

私も長年サラリーマンをやってきたので
彼の気持ちもよくわかります。

そして、私自身もそんな時期もありました。

でも、今ならわかるんですが、
仕事ってそれぞれに役割があると思うんです。

もし、彼が副支店長として自分がいろいろ細かいことに手を出すのではなく、
今、自分が嫌っている支店長のように、部下に厳しく指導出来たら
多分、支店長にいろいろ言われることはないでしょう。

部長なら部長
課長なら課長
係長なら係長
主任なら主任

新入社員なら新入社員
みんなにそれぞれの役割があるんです。

 

その役割をしっかり果たすんです。

 

そして、昇進したいそう思ったら一つ上の役割を果たせばいい。

例えば、支店長になりたいと思ったら
周りにいる支店長という役職の方の
仕事がどんなものであるかをしっかり理解しましょう。

厳しく部下を指導する支店長が
ひょっとすると優秀な支店長と
言われているかもしれません。

であれば、自分も厳しい支店長を演じればいいんです。

別に性格を変える必要なんてありません。
その役割を演じきればいい。

先日、テレビを見ていたら
松田勇作さんの長男、龍平さんが出ていました。

あまり詳しくないのですが、
バラエティ番組で彼はほとんど話しませんでした。

しずかで落ち着いている。
すごくそんな印象を受けました。

彼のことは全く知らないのでなんとも言え無ませんが、
きっと彼は、そんな自分を演じているのではないでしょうか?

 

俳優さんってみんな自分のキャラクターを大切にしますよね。

 

役作りという言葉を聞いたことあると思います。
だから、サラリーマンも役作りをするんです。

もし、これから自分が昇進したいと思ったら
一つ上の役職になりきればいい。

これは、サラリーマンに限ったことではありません。

カウンセラーやコーチでも
自分が理想とするカウンセラー・コーチを演じてください。

そうすることで、
自分が一つ階段を上るために
何が必要なのかが見えてくるんです。

 

「私なんて…」、「とんでもない…」

 

そんな言葉を発している自分を見つけたら
自分のベクトルが今自分に向いているんだ。
ということに気づいてください。

本当は、クライアントのために動くはずのカウンセラーが
いつの間にか、人に文句を言われないように、人に嫌われないように…

と自分にベクトルが向いてしまう。
これでは、本当にクライアントの役に立つことはできません。

だから、クライアントさんのために一つ上の自分を演じてみる。

いかがでしょうか?

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてください。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日もあなたのまわりが笑顔でいっぱいになりますように。。。

 

無料プレゼント
インナーチャイルドワーク音声ファイルぜひ、ご登録ください。
詳細・ご登録はこちらより↓↓↓
submit-or500

 

【お知らせ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です