2017/09/18

人の目が気になる… そんなあなたへ

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

●人の目が気になる…そんなあなたへ

心理カウンセラーの今泉智樹です。

今カウンセリングをしていて「人の目が気になる」という相談がすごく多いです。

なるべく迷惑をかけないように
いやな思いをさせないように
他人の一挙手一投足に気を配り生きている。

そんなに一生懸命頑張っているのに
なぜだか人間関係がうまくいかない。。。

すごく気を遣っているのに…なぜそうなるのか?

答えは簡単です。

どんなに気を遣おうとも
相手にはそれが伝わっていないんです。

 

人の目を気にしないための考え方とは?

 

先日友達のFB投稿でこんな歌を見つけました。

見る人の心ごころにまかせおきて
高嶺に澄める秋の夜の月

鈴木弘恭

(みるひとの こころごころにまかせおきて
たかねにすめる あきのよのつき)

パッと読んで意味が分からなかったのですが、
何となく気になり調べてみました。

【意 味】

同じ月であっても、見る人によって、感想はそれぞれに違っている。

皓々(こうこう)たる名月を喜ぶ者もあれば、またかえってこれを嫌う者もある。

盗賊とか駆け落ちとか、
人目を忍び暗い所で仕事をする人には邪魔な名月でも

文士は波に砕けて黄金に映じると言ってこれを愛賞する。

見る人の心々に違って映るけれども
月はいつも皓々として輝いている。

人が何と思うとも、すこしもそれに頓着しないで輝いている。

 

相手には相手の宇宙があり、そこでみんな一生懸命生きているんです。

 

だから、他人が何をしようと当然、気づけないこともある。

普通に考えてみてください。

あなたのことを他人はすべて分かっていると思いますか?

きっとあなたの中にも、人に言えないことだってあるでしょう。
隠し事もあるはずです。

だから当然、相手にはわからない。

どんなに良いことをしようとも
それを嫌だと思う人もいるでしょう。

さっきの歌のように
どんなにきれいな月だって
邪魔だと思う人がいるんです。

だったらもうやめませんか。
他人の目を見て生きるのを。。。

お月さまのように堂々と自分を生きてみる。

きっと何かが変わるはずです。

 

私だって人の目を気にしないで生きたいです。

 

そんな声が聞こえて来そうですが…

気にしたくないと思っても気になってしまう。

頭ではわかっているんです。
そんなの気にしないでいいって。

でも…

頭ではわかっていても意識しないうち、

つまり無意識で気を遣っている自分。

無意識で気を遣う。

これは、あなたの無意識
潜在意識に気を遣わなければならない
というプログラムが書き込まれているんです。

だから、知らず知らずのうちに気を遣う。

潜在意識って何?とい方はこちらを読んでください。↓↓↓

潜在意識を書き換える方法

 

ではなぜ、無意識で気をつかってしまうのでしょうか?

 

ちょっと思い出してみて下さい。

あなたはいつごろからそんなに人の目が気になり出しましたか?

中学生の時はどうでしたか?

小学生の時はどうでしたか?

そう言えば、あの頃にはもうすでに人の目が気になっていたな。。

そんな出来事を思い出してみて下さい。

大人になった今、人の目が気になり、気を遣う自分がいるのであれば、

必ず、それは幼いころからその傾向があったはず。

 

そんな幼いころの自分が見つかったら、その時の自分をしっかりと思い出してみて下さい。

思い出すというより、再現すると言った方が良いかもしれませんが、、、

そこは、どんなところで、何が起こっているのか?

その時の自分は、どんな気持ちでいるのか?

しっかりと再現し、その時の感情を感じてみる。

 

きっとそこには、苦しい思いをしている自分がいるはずです。

自分の思いを伝えたいと思っても伝えられない自分がいるかもしれない。

実は、これが、あなたが無意識で気を使ってしまう原因なんです。

 

人の目を気にする自分を止める方法!

 

あなたの中に、あの幼いころの傷ついた自分がいる。

それが、あなたを無意識で人に気を使う人にしてしまっている原因なんです。

つまり、この傷ついたこの子があなたの一つのプログラムとなっている。

でも、どうでしょうか?

その傷ついた子をこのままあなたの中に住まわせていいのでしょうか?

今の大人のあなたなら、必ずその子を癒せるはずです。

というか、その傷ついたこのことをすべて理解しているあなたにしかその子を癒すことはできないのです。

【傷ついた幼い自分を癒す方法】

 

静かに落ち着ける場所を見つけ、静かに目を閉じ、その子をしっかりとイメージしてみて下さい。

あなたの目の前にその子がいる。そんなイメージをしてください。

その子は、今どんな顔をしていますか?

その顔を見て、今のあなたは何を感じますか?

あなたは、その子の気持ちがすべてわかります。

だから、まずはその子を認めてください。

「これまで頑張ったね」

「きつかったね。」

「でも、もう大丈夫だよ。」

そう声をかけてあげてください。

そして、抱きしめてあげてください。

遊んであげてください。

その子が望むこと、全てしてあげてください。

あなたには、それができる。あなたにしかそれはできない。

その子が癒された時、あなたの中の人の目が気になるプログラムが書き換わるのです。

ぜひ、チャレンジしてみて下さい。

※傷ついた幼い自分を癒すためのインナーチャイルドワーク音声ファイル(無料)はこちらからダウンロード可能です。↓↓↓

【無料プレゼント】インナーチャイルドを自分で癒す退行催眠音声ファイル!

 

気を遣う事、人の目が気になること自体が悪いことではありません。

 

人に気を遣う自分、人の目が気になる自分

ということは、あなたはそれだけ優しくて、人に気を配れる人なんです。

だから、それが悪いわけではありません。

でも、今、それで自分が苦しいのであればもうそれは手放した方が良い。

あなたは、あなたのままで大丈夫!

あなたには、必ず大きな価値があるんですから。

 

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今日も一日しあわせな自分でいてください。

 

【お知らせ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら