2016/09/28

怒りの感情への対処法

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

af9920054167o
●怒りの感情への対処法
こんにちは(^^)/
心理カウンセラー「ともきん」こと今泉智樹です。

僕はよくこのメルマガで
「私は私、あなたはあなた」と
相手を認めることが大切だ。

ということを書いています。

これを聞いてどう思いますか?

コメントをいただく中で
ちょっと勘違いされているのではないかな?
と思うことが何度かありました。

だから、この私は私という
考え方について今日はちょっと書いてみようと思います。
 

私は私、あなたはあなたという考え方について

 
もうちょっと言うと、
自分が生きている宇宙には自分しかいない。

目の前にいるご主人、奥さん、お子さん、親、友達…
みんな自分の宇宙にはいないんです。

なんか変なこと言ってるな~
と思うかもしれませんが、
もうちょっと聞いてください。

誰もいないと言いながらいるじゃんそこに…
と思うかもしれませんが、

それは、あなたの思いが映っているだけ
鏡があると思ってください。
 

もし理不尽なことを言ってくる人が目の前に現れたら…

 
ご主人がひどいことを言ってくる。
普通ならそんな時、

なんだこの人は…
意味が分からない
ひどい奴だ…

と意識が相手に向いてしまうと思います。

そして、相手に分かってもらおうと
必死に弁解してみたり、説得してみたり…

でも、相手は変わりません。

ありとあらゆる手を使って
相手を変えようとしますが
変わらないんです。
 

私は私、あなたはあなたの意味

 

そんな時、私のメルマガで
「私は私、あなたはあなた…」
という言葉を読んだとします。

すると、そうか、この人を許さないといけないんだ。

もっと我慢しなければ…
もっとこころを大きく広げていかないと…

でもね。
もっと心を大きく持たないと…
と思っても何をしていいかわからないですよね。

もっと我慢しないとと思っても限界がありますよね。

だからそんな時は
意識を自分の内側に向けるんです。
 

意識を自分の内側に向けるとは?

 
例えば、ご主人と喧嘩をしてしまったとします。

なんであの人はいつもあんなこと言うんだろう?
わけがわからない。
バカじゃないんだろうか?…

きっといろんな思いが湧いてくると思います。

その時、意識を自分の内側に向けるんです。

今、自分は何を感じているんだろう?
「感情」に意識を向けてください。

けんかした後ならきっと「怒り」
の感情でいっぱいだと思います。

であれば、なぜ自分は怒っているんだろう?
と意識を向けていく。

だって、あの人はいつも自分のことは
棚に上げて私に文句ばっかり言ってくる…

そんな、思いが出て来たら
私は自分のことを棚に上げて
人に文句を言うことはいけないことだと思っているんだ。

そう気づいてください。
 

赤ちゃんの時そんなことは考えてなかったと思います。

 
であれば、いつからそんなことを思っているんだろう?

意識を内側に内側に向けていく。

自分のことを棚に上げて人に文句を言う。
人間だからそんなこともあるよね~

と、自分を許すんです。

いやいやでも、文句言われたら
誰だって頭にくるでしょう。。。

もし、そんな思いが湧いて来たら
なぜ、ご主人が言っていることを
文句を言っていると思っているんだろう?

ただ、自分の意見を言っているだけなのに
それを文句を言われていると
自分を被害者にしている自分がいる。

そう気づいていくんです。

こういう風に言われると
私は文句を言われていると受け取るんだな~

じゃあ、もう一度文句を言われた時を思いだして
その時の感情を味わってみる。

同じように怒りの感情が出てくるかもしれませんが…
 

怒りの感情は第二感情と言われています。

 
だから、その奥にある本当の感情を感じてみるんです。

愛するご主人がわかってくれないことに
「悲しい」と感じているかもしれません。

であれば、今度はその悲しみを味わってみる。

感情はしっかり感じることで消えていきます。

自分の中にある価値観に目を向けて
自分の感情をしっかりと味わう。

あなたのこういうところが頭にくるのよ!
と相手を責めても何の解決にもなりません。

責めた瞬間、相手は自分の心を守ろうとシャッターを下ろす。

だから、しっかりと自分の感情を感じて、
自分の本当の感情を相手に伝えるんです。

さびしかったらそう言えばいい
かなしかったらそう言えばいい

当然、本心をぶつけてみても
相手は変わらないかもしれません。
 

でも、私たちはいつだって守られています。

 
だから、それを信じて
今、この感情を味わう必要があるんだ。
それが自分にとって一番大切なことなんだ。
と思って、その感情を味わうんです。

その感情をしっかり味わえた時
もう大丈夫だねって次のステージを準備してくれる。。。

上手く伝えられませんが…、
そういうことです(笑)

私は私、あなたはあなた…
今日はぜひそれを自分の中で
考えてみてください。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

【お知らせ】
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です