2016/07/21

アシュリーが教えてくれた。。最高の人生を作るために(今日一日を最高に生きる法則)

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

最高の人生

●アシュリーが教えてくれた。。最高の人生を作るために(今日一日を最高に生きる法則)

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

さて、昨日は七夕でした。
残念ながら、私が住んでいる福岡は雨。
せっかく一年に一度会える7月7日

この日、雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は彦星のもとへ行くことが できません。
織姫が悲しんでいると、それをかわいそうに思った「かささぎ」という鳥たちが翼を広げて橋を作り、2人を会わせてくれる…

七夕ってそんなお話でしたよね??

まあ、織姫さんと彦星さんが昨日会えたかどうかはわかりませんが、一年に一度しか会えないのにその日がダメになった。

そんなことがあれば、それって結構きついですよね。

 

この日のためにと頑張ってきたのに…

 

例えば、一生懸命考えて、必死に集客してきたセミナーが当日台風のために中止になる。。
良くある話だと思います。

(実は、明後日10日私もワークショップ開催予定なのですが、台風かも(+o+))

せっかく準備してきたのに無駄になってしまう…
こう考えるとすごくつらいと思います。

でも、本当にそれって無駄なのでしょうか?

何か目標を達成しようと思えば、当然、そこにはいろんな行動が必要になってきます。
行動して作り上げてやっとその目標が成就する。

そうなれば最高の喜びを手に入れることができるのでしょうが、目標を達成できるかどうかという結果は、自分だけではどうすることもできないことも多いんです。

せっかく準備しても台風が来たらできないし、お客さんが来てくれなければ当然、目標達成には至らない。

私たち人間には自分でできることと自分ではどうしようもないことがある。

でも、多くの人がその自分ではどうすることもできないことに焦点を合わせ、自分を責め辛い思いをしています。

だから、私は自分では制御できない結果に執着するのではなく、自分で制御できる行動に焦点を合わせるようにしています。

 

結果に向かって進む一日一日を精一杯生きることができたか?

 

自分にできることに精一杯力を注げたらきっとその日は満足した一日になるはずです。

よく、死ぬ時に最高の人生だったと言えるような生き方をしたい。

という方がいらっしゃいますが、私はちょっと違います。

それこそ、死ぬ時にあーもうちょっとやっとけばよかったな~

なんて反省したところで、もう死んじゃうわけですから、それじゃ意味がないじゃないですか。

だから、私は死ぬ時に反省するよりも
寝る時に、今日も最高の一日だったな~
って反省した方が良いと思うんです。

一日一日が最高であれば、死ぬ時に後悔することはないと思います。
自分のできる範囲をしっかり確認し、結果に執着するのではなく毎日を充実させる。

そんな人生を送っていきたいですね。

 

私が何度も何度も読んだ本に「アシュリー」という本があります。

 

プロジェリアという難病と闘い17歳で亡くなるまで懸命に生きた彼女
彼女の本の中にこんな一文がありました。

小さい時からよくからかわれたし、
いまもからかわれることはあるけど、
そういうときは「あなたにも同じ血管があるのよ」って説明するの。

それでもからかうようなら、もう放っておくの。
それは、私の問題じゃなくて、彼らの問題だから。

それは自分の問題じゃない。
すごい言葉だな~と思いました。

何度も書きますが、私たちにはできることとできないことがある。

でも、このできることを続けていくことで、できないこともできるようになっていく。
私はそう信じています。

だから、まずは自分の分を全うする。
自分にできることに全力を注ぐんです。

そして、全力を出し切った今日の自分をほめてあげよう。

それが最高の人生を作ってくれるから。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日もあなたのまわりが笑顔でいっぱいになりますように。。。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

【お知らせ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら