2016/09/01

新月の願い事が叶わない理由(願いを叶えるために必要なこと!)

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

px0010093006o

●新月の願い事が叶わない理由(願いを叶えるために必要なこと!)

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

昨日は新月でしたね。
昨日の17時10分~明日29日の17時10分まで
この時間内に願い事を10個書き出すと願いが叶う。

「新月の願い事」
そんなお話し聞いたことありませんか?

このブログを読んでいる方は実際にやっている方も多いのではないでしょうか??

私ももうずいぶん前から願い事を書いています。
(私は新月だけではなく、毎朝一番に書いていますが…(*^^)v)

でもね。
書いても全然願い事がかなわない!
そういう方も多いのではないですか?

あなたはいかがでしょうか?
ちゃんと願い事叶っていますか?

 

もし、ぜんぜんダメ!という事であればなぜ、うまくいかないと思いますか?

 

手書きで10個、否定形を使わずに
まさに夢が叶っているそんなイメージをしながら書いていく。

ちゃんと願い事を書くルールは守っている。でもうまくいかない…

そうやってうまくいかない。

という方は

新月の願い事なんてどうせうそ!
そんなの無理に決まっている。
やっぱり私なんてダメなんだ…

そうなってしまいがち

でも、本当にそうなのでしょうか?

新月の願い事をいくら書いても願いがかなわないこともあります。

なぜそうなるのか?
それは、ちゃんと願いが届いていないんです。

宇宙に願いを届けるというのがこの新月の願い事ですよね(たぶん)

自分の宇宙に届けるためにまずは自分の中に
それをしっかりとインプットする必要がある。

だから、10回も書くんです。

 

でも、どんなに書いても自分の中が古い考え方でいっぱいになっていたもうその願いが入る余地がありません。

 

rsssdfadsfa01

コップに水がいっぱい入っている状態であれば、もうそれ以上水は入りませんよね。
それといっしょ。

自分の中には古い考え方でいっぱいなんです。

例えば、今月月収100万円欲しいと思いそれを願い事で書いていく。

「6月の月収が100万円になりました。」
みたいな感じですよね。

でも、潜在意識の中には
私の月収はせいぜい30万円が良いところ…
という思いがもうすでに入っている。

だから、10回書いたくらいではその思いは入っていかないのです。

 

この「せいぜい30万円」というのが、私がいつも言っているマインドブロックというものです。

 

そのマインドブロックが邪魔をする。

であれば、やっぱりそのマインドブロックをまずは解除するんです。
そのマインドブロックを解除しないと次の新しい思いが自分の中に入っていかない。

以前、うんこくさいさんが講演会の中で、
「私たちの願いが叶うのは夜中寝ている間にほんの一瞬宇宙とつながる瞬間があるから」
と言われていました。

その瞬間に、潜在意識の中に書き込んだものを宇宙へ届けている。
そして、それが届いた時願い事が叶うそうです。

だから、まずは潜在意識にしっかりとそれをインプットする必要がある。

自分の潜在意識にすら入っていないのにそれが、宇宙に届くはずがない。
では、どうしたらそのマインドブロックが消えていくのか?

※潜在意識がよくわからないという方はこちらの記事を読んでみて下さい。
>>>【潜在意識を書き換える方法】

 

それは、自分の中にいるそのマインドブロックを作った小さい自分を見つけるんです。

 

どうせ私は月収30万円がいいところ…

そう思う自分がいるのであれば、
なぜ、そう思うのか?

世の中には、100万円200万円、1000万円という月収ともらっている方も現実にいらっしゃいます。

でも、自分はどうせ30万円…

そんな思いが無意識のうちに浮かんでくる。

僕らのこの無意識(潜在意識)は幼いころに作られると言われています。
だから、その思いを受け取った、幼いころの自分を自分の中に見つけるんです。
思い出してみるんです。

すると、必ず、その子が見つかるはず。

その子が見つかったら今度はその子を癒していきます。

自分の中にはたくさんの思いを持った幼い頃のいろんな自分がいるんです。
だから、その子をイメージで目の前に出してくる。

 

そして、今度は自分の胸のあたりに大きな太陽をイメージしていきます。

 

光り輝く太陽です。

そしてその太陽から、目の前に座っている幼いころの自分に対して光のエネルギーを送っていくんです。
ひょっとするとその時にその子がいろんなことを言ってくるかもしれません。

自分はこんなにつらいんだ
なんで僕がこんな目に遭わなきゃいけないんだ…
私が悪いんじゃないんだ…

そんな思いを一つずつきちんと聞いてやるんです。

そうなんだ。
そう思ったんだ。

一つ一つの思いを否定することなくすべてを受け入れながら。

そして、自分の太陽から癒しの光を送り続ける。
それをやっているとだんだん集中力がなくなってきます。

しっかりとイメージできなくなってくる。
これは、その目の前に出した子が自分を集中させる力を失ったことを意味しています。
そのマイナスのエネルギーが力を失った証拠です。

そうなれば、もうその子は癒されています。
だからもう大丈夫。

ちょっとブログではわかりにくいかと思いますが
こうやって、自分の中にいる傷ついた自分を癒してやると新しい思いをインプットできるようになる。

ぜひ、やってみてください。
きっと何か変わると思いますよ。

今の自分は過去の自分の思いが作っています。

であれば、未来は今の自分の思いが作る。私はそう思います。

だから、今ここで何を思っているのか…思いを大切にしていきましょう。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

【お知らせ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です