2017/04/25

自分の信じた道を生きるということ

綿毛を飛ばす子供

●自分の信じた道を生きるということ

おはようございます(^^)/ 
心理カウンセラー「ともきん」こと今泉智樹です。

「比較のないところに迷いも混乱もない。」
ではなぜ私たちは比較するのでしょうか?

比較から混乱、
苦しみがやってくるのなら、
比較しなければ良いのに…

それは、結果には
<良い結果>と<悪い結果>があるとする、考え方に起因しています。

自分にとって<都合のいいこと>と
<都合のわるいこと>があるのだと、

あなたは信じ込んでおり、
これまでそのことを疑ったことさえなかったのではないでしょうか。

この世に<良いこと>と<悪いこと>なんてない。

右を選べば右の道があり、
左を選べば左の道があるだけなんだ。

その左右の体験に、良いも悪いもありません。
ただそれを体験しているだけなんです。

僕たちは体験するためにこの世に生まれてきました。
だったらいろんな体験をしてみよう。
 

突然、すみません。

 
これは、以前ブログに書いた内容の一部です。

先日、友達のカウンセラーとお話をしていました。

彼女の義理のお母さんが
先日パトカーに乗って
家に帰ってきたそうです。

彼女自身は出張の講演会中で
家にはいなかったそうですが、
ご主人曰く、パジャマ姿で
泥だらけになって帰ってきた。
 

突然、進行した認知症。

 
お母さんは友達に会いに行ったんだと話したそうです。

一人で遠くまで歩いて行ったお義母さん

彼女はそれを聞いて
相当ショックを受けたそうです。

彼女は今仕事が忙しく
なかなか家に帰れない状態。

ご主人はそれを応援してくれているそうです。
彼女は相当悩んでいました。

「これからどうしようか」

でも、ご主人としっかりと話し合い彼女は決断したんです。

『私がお義母さんを見る』と。
 

彼女曰く、「私カウンセラーだからやっぱりなんでも経験だよね。」

 
「きっとこれも意味があると思う」

「そう信じてがんばるわ」

「私がそう決めたんだから、それしかないんだよね」

彼女はもともと自営業をやっている家の仕事をずっと手伝ってきましたが、
カウンセラーという仕事をするために

何年もかけて勉強し、事務所を作りみんなの理解を得て、
家の仕事をやめカウンセリングをスタートしました。

『ここまで来るのに、何年もかかった。やっとできたのに。』
きっとそんな思いもあると思います。

『なぜ、私だけ』
そんな気持ちもあるでしょう。

でも、彼女は
自分がそう決めたんだから
私は自分を信じて進んでいくんだと笑顔で話します。

この彼女を見ていて冒頭の
「右を選べば右の道があり、
左を選べば左の道があるだけなんだ。
その左右の体験に、良いも悪いもありません。」

という言葉を思い出しました。
 

自分が経験したさまざまな出来事

 
あの時ああやっておけば…
そうやって後悔することも多いと思います。

でも、たくさん選択肢があるように思えるけれど、実は選んだ道しかなかったんだ。

私は今そう思っています。

いろいろあるようだけど、
自分が選んできた道しか本当はなかった。

だから、その一本の道を信じて突き進んでいく。

自分が信じた道が唯一の道です。

僕も自分を信じて進んでいきたい。
彼女と話していて本当にそう強く思いました。

●あなたは自分の信じた道を進めてますか?

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

【関連記事】
●入江富美子さんの本 「へそ道」
●仕事ができない。結婚を後悔。お金がない。。人の悩みはそれぞれ…
●転職・結婚・離婚… 失敗が恐い。そんなあなたへ

●たった一日で前世療法をマスター「前世一日ワークショップ」開催決定!!

●前世療法を無料で体験してみませんか?

 

【お知らせ】
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です