2017/04/25

注射が恐い!注射ぎらいを克服する方法

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

子供

●注射が恐い!注射ぎらいを克服する方法

おはようございます(^^)/
心理カウンセラー「ともきん」こと今泉智樹です。

以前、ある人を病院まで送って行ったことがありました。

彼女は大の病院嫌い。
車乗る前から明らかに怖がっている。。。

「何が怖いの?」
『痛いのがダメ。』

どうやら彼女は注射がダメみたい。

聞いてみると幼いころから注射が大嫌いで、
とにかく逃げ回っていたそうです。

車に乗ってその病院の近くに来たとき
予約までまだ30分以上ある。

じゃあ、ただぼーっと待ってても仕方がないから
ヒプノセラピーやろうか。
そんな話になりました。
 

通常のセッションは1時間~2時間かかるのですがそれを20分で。

 
ガチガチに緊張している彼女の緊張を取る。
これを目的にセッションしました。

ゆっくりと深呼吸から入っていく。
宇宙の星からエネルギーをもらう、
そんな誘導が口から出てくる。。

吐く息とともに、体中の力が抜けていく。。。
落ち着いてきたところで、
今車の中にいる自分に焦点を当てていく。

座っている椅子の感覚をしっかり感じて
今、ここを感じてもらいます。

そして、そこにいる自分から外れて
自分を自分の頭の上から覗いてみる。
 

そこには緊張に震える自分がいます。

 
自分を客観視した瞬間
人はその緊張からも抜け出ることができる。

そして、そこから抜けた自分は
車の天井を突き抜けて、
青空の中に飛び立ちます。

空を飛んでいる自分。
そんな自分を想像してみる。

そして、さらに高く高く…
雲を突き抜け、大気圏を抜け
宇宙に飛び出す。。。

宇宙にはたくさんの星が輝いています。

その星から、一直線の光が
スーーーーっと伸びてきて自分を包み込む。

光に包まれた自分。
彼女はしっかりと光をイメージできていました。

その光のエネルギーが自分の中に入ってくるんです。
細胞一つ一つに染み込んでくる。。。

そんなイメージをしている時には、
彼女はもうすでに本当に深いリラックスの中にいました。
 

そこから、幼いころ

 
注射が怖いと逃げ回っていた
あの頃の自分へと戻っていきます。

降り立ったその場所は小学3年生の自分。

注射が嫌で逃げ回っている自分でした。

誰もいない部屋に隠れている自分。
彼女は本当に怖がっていました。

その自分に入り、
その時の感情を再び感じてもらいます。

潜在意識には時間の感覚がありません。
だから、その時に戻ると
あっという間に、その瞬間のどんな気持ちにも戻ることができる。
 

怖くて怖くてしょうがない幼い自分

 
その自分をしっかりと感じてもらった後
目の前に、さっきの星からの光に包まれた、今の自分が降りてきます。

宇宙の叡智とつながった自分
その自分はゴールドの光の中にいました。

そして、微笑んでいる。

宇宙の叡智とつながった自分は
当然、注射が怖いなんて思っていません。

でも、注射が恐くて逃げ回っていた
あの幼いころの自分の気持ちもちゃんと理解できる。

それから、大人の自分で
その幼い自分を抱きしめ癒していきます。

「もう大丈夫だよ」
そう言って抱きしめると、
幼いころの自分はだんだん落ち着いてきました。
 

私たちは例えばこのように
注射が嫌いだと思うと、
自分の全人格で注射が嫌いだと思います。

 
でも、そうではないんです。
注射が嫌いなのは、
その幼いころの自分です。

だって、大人の自分は頭でちゃんと判断できているんです。

でも、実際に病院に行かなければならない。

そう思った時、大人の自分の意識より早く
幼いころの自分が動き出すんです。

今の自分の中で、
もうあんな痛い思いはしたくない。
そんな幼いころの自分が暴れ出す。

潜在意識のスピードは
私たちの考えをはるかに上回るスピードで
自分の中を駆け巡ります。

だから、それが今の自分だと勘違いしてしまうんです。

本当の自分はさっきの宇宙の叡智とつながった自分です。

大きな大きなパワーを持つ自分。
当然注射なんて怖くありません。

その自分で、自分の中にいるもう一人の自分を癒すことができた時
幼い自分は、何十年も暴れ続けてきたのをやめることができるんです。

昨日もたった20分のセッションでしたが、
その怖い意識から抜け出すことに成功しました。
 

僕たちはこれまでの様々な経験から今の自分を作っています。

 
でも、経験ってなんでしょうか?
そうただの記憶なんです。

自分の中にインプットした記憶
それが今の自分を作っている。

だから、その記憶を書き換えることができた時
私たちは違う人間になることができるんです。

私がやっているヒプノセラピーは
潜在意識を書き換える方法の一つです。

最近、セッションをしていて
本当にこのヒプノセラピーのすごさがわかってきました。

これがあれば、
みんなの役に立つことができる。。
 

今月もヒプノセラピーを体験できる前世療法体験会を開催します。

 
もう完全に忘れいる前世の記憶

でも、実は、
この記憶も忘れているようで
潜在意識の中には残っているんです。

そして、今世の僕たちにいろんな影響を与えている。。。

前世の自分を見ることで
今の自分を変えることができる。

興味がある方ぜひご参加ください。

詳細はこちら↓↓↓
http://culture.jeugia.co.jp/lesson_detail_50-19721.html

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

【お知らせ】
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です