2017/10/16

心理カウンセラーになるには カウンセラーのスキルアップ!

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

af0150017223o

●心理カウンセラーになるには カウンセリングのスキルアップ!

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

今、ブログやメルマガを読んでいろんな人から
コメントやご質問をいただきます。

そうやって、いろんな人と交流できること本当にうれしく思います。
だから、コメントやご質問にはなるべくお返事をさせてもらっています。

ちょっと、お返事までに時間がかかる事もありますが、
そのまま、送ることを忘れてしまう事もありますが…m(__)m
コメントいただけると嬉しいです。。

ということで、先日ある方からこんな質問をいただきました。

質問
カウンセリングの技能の高め方を教えてください。

これは、カウンセラーにとって非常に重要なテーマですね。

当然、実践を重ねていくというのが一番の技能の高め方で
それ以外にはないと思うのですが、

そう言われても、どう実践していいのかわからない。
そう思う方もいらっしゃるでしょう。

実際、僕も最初はそうでした。

でも、なぜそうなっていたのかな~
と今思い起こすと

やっぱりカウンセリングをなんのためにやるのか。
それが、自分の中できちんと固まっていなかったような気がするんです。

何のためにカウンセリングをやるのか?
今、あなたには固まった目的がありますか?

僕は以前、クライアントの悩みを解消するために
カウンセリングをやるのだと考えていました。

そう考えるとクライアントの悩みは百人百様

相談に来られる一人一人
みんな違うんです。

であれば、やっぱりクライアントさんと向き合うのに勇気が必要ですよね。
だって、その様々な問題を解決しないといけないのだから…

でも、今は自分のカウンセリングに絶対の自信を持っています。
どんな人が来ても大丈夫だと言いきれます。

なぜそうなったかというと、大きくカウンセリングに対する考え方を変えたんです。

クライアントの悩みを解決するためにカウンセリングを行う。
そう考えるのをやめました。

そもそも、悩みを解決するのはカウンセラーではありません。
当然、クライアント自身で解決してもらわないといけないのです。

じゃあ、カウンセリングって何のためにやるのか?

それは、「インナーチャイルドを見つけるため」にやるんです。

人は悩みを持って生まれてくる事はありません。
悩んでいる赤ちゃんあんまり見ないですよね。。

でも、成長する中で悩みを持つようになる。

そこには、必ず原因があります。
そして、そこには傷ついた自分(インナーチャイルド)がいるんです。

それを、二度三度繰り返さないために
僕たちは自然とそれから避ける方法を身につける。

これがマインドブロックなんです。

自分を守るための学習機能(マインドブロック)
これが、自分の行動を制限し
そして、その結果、今の自分を作っている。

その学習したことがすべて悪いわけではありません。

でも、今そのおかげで苦しい現実があるのであれば、それは、手放した方が良い。

だから、カウンセラーはそのインナーチャイルド
(自分の内側にいる傷ついた幼い自分)を
見つけるためにカウンセリングを行うんです。

クライアントさんが今の悩みを話してくれている時、じーーーっとその話に耳をかたむけます。

その時僕は、クライアントの中にいる
インナーチャイルドをずっと探しています。

今の問題を解決しようなんて全く考えません。

だから、当然、そこにアドバイスなんて出てこない。

いつからこの人こういう考え方をするようになったんだろう?
何がきっかけでこう思うのか?
そうやって、常に裏の声(潜在意識の声)に耳をかたむける。

ちょっとわかりにくいかな。。。

例えば、子供がいつもゲームばっかりして
時間を無駄に使っているのを見ていると腹が立ってくる。

そんな話があると、なぜ、この人はゲームをすることを無駄だと思うんだろう?
そう考えてそれを聞きます。

すると大体
だって若者なんだから
もっと外で遊んだり
人と交流したりした方が良いじゃないですか。

みたいな答えが返ってきます。

その時の僕の頭の中は
「あなたの世界ではそうなってるんですね」

常に、ニュートラルで違う世界に住んでいる人と話しをするように話を聞くんです。

そして、なぜそう思うのか?
いつからそう思ってきたのか?

そんな質問を繰り返していきます。

クライアントの人生はすべてクライアントさん自身が作っている。
自分だけの世界なんです。
だから、そこに良いも悪いもない。

でも、大人になった今ではそのなぜそう思うのか?
いつから思ってきたのか?という原因は、
無意識の中に消えており自分できちんと向かい合わないと見えてこなくなっているんです。

これを見ることで、クライアント自身が
他にも選択肢があるんだという事に気づいていく。

これが、僕のカウンセリングです。

だから、僕の中には一つも答えはありませんし、
わからないことはすべてクライアントさんに聞けばいいんです。

そう思ってカウンセリングを行ってみると
最初に書いた問題を解決するためにやるカウンセリングとは全く違うものになります。
そして、楽に話を聞けるようになる。

もし、あなたが自分のカウンセリングに自信を持てない。
そんな悩みを抱えているのであれば、
こんな目的でカウンセリングをやってみてください。
きっと、何かが変わると思います。

今、カウンセラーをめざす方に向けた無料のステップメールを配信しています。

「本物の心理カウンセラー養成講座」
カウンセラーとして生きていくために必要な心のあり方についてお話ししています。
興味のある方はぜひご登録ください。

詳細・ご登録はこちらより
http://earth-coach.com/counselor-mailmagazine

人はみんな自分の中にインナーチャイルドと呼ばれる
傷ついた幼い自分を抱えています。

今、大人になったあなたの目の前に、苦しい現実があるのであれば、
それは、あなたの中のインナーチャイルドが暴れているんです。

だから、その子をそこから助け出すんです。
それができた時、今の問題が解決していく。。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

【お知らせ】
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら