2017/10/14

好きなことの見つけ方!

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

shutterstock_141072538

●好きなことの見つけ方!

こんばんは、
心理カウンセラー今泉智樹です。

早速ですが、ヒプノセラピーを行う時、
一番大切な事って何だと思いますか?

年齢退行療法でも、前世療法でも、まず最初に行うこと。

それは「テーマを決める」ということです。

何のために幼いころの自分を見るのか?
何のために前世を見るか?

それを明確にすることがすごく大切なんです。

 

当然、今の自分の悩みや解決したいことがテーマになっていくのですが、

 

さて、ここで一つ問題です。
僕がこれまでやらせていただいた前世療法の中で一番多いテーマはなんだと思いますか?

それは、
「自分が何をしたらいいのかわからない」
「何のために生きているのかを知りたい」
「自分の役割はいったいなんなのだろう」

そんなテーマがすごく多いです。

この時点で何か気づきませんか?

何をしたらいいのか? 何のために? 役割は何?

そう多くの人が『何』を求めているのです。

『何』とは例えば、職業で言えばカウンセラーになるとか学校の先生になるとか…

何か一つのことを探し求めているんですね。

 

「やりたいこと」「スキなこと」「これから自分がやっていこうとしていること」って、1つに決めた方がわかりやすいというか、スッキリするじゃないですか。

 

会計士になりたい!
文章を書きたい!
曲を作りたい!

「コレ、やっていきます!」みたいに、1つに決めた方が、人にも説明しやすいですしね。

僕もそうでした。

でもよく考えてみてください。

例えば肉が好きな人がいるとします。

その人に質問します。

「あなたは食べ物の中で大好きな肉が占める割合ってどのくらいですか?」

『えーと、3割くらいかな…』

「じゃあ、そんなに好きならこれから肉の割合を8割にしてみませんか?」

『いいね~それ』

すいませんへんなたとえ話でm(__)m

 

もし、この人が肉の割合を本当に8割にしたらどうなると思いますか?

 

きっと、肉が嫌いになるのではないでしょうか。

好きな肉でもそればっかりだとすぐに飽きてしまう。

つまり、今、肉がスキでいられるのは、野菜や果物の存在があるからなんですよ。

つまり、「やりたいこと」、「スキなこと」の周辺には、
それを引き立てるため、いくつかの「ナニか」が必要になってくるということです。

例えば、文章を書くことがスキな人がいて、懸賞に応募する作品を書くために、「もっと時間をとって文章を書きたい」と、思い切って会社を辞めてみたとします。

でも、いざ文章を書き始めると、一日中文章を書けるのになぜか楽しくない。

そうこうしているうちにお金がつきてきて、段々不安になってきて、また会社員に戻る。

こんな感じだと思うんです。

つまり、この人が今の時点で「文章を書く」のが純粋にスキでいられるには、文章を書くのは一日中ではなく、ある程度の時間で、ある程度の経済的な安心があることが必要になってくると思うんです。

そしてこの必要なモノこそが、野菜や果物ということです。

だから、これら全部をひっくるめて「やりたいこと」って考えないといけないと思うんです。

で、よく「やりたいこと」って話になると、
「会社辞めるか、辞めないか」とか、「AorB どちらにするか」とか、
ついつい二者択一の話にしてしまうんですよ。

「やりたいこと」は1つに決めた方がスッキリするから。

 

でも、先ほど書いたように、「やりたいこと」の周辺には、いくつか「ナニか」が必要だったりするんですよね。

 

なのでただ「やりたいこと」の割合を増やせばバラ色かとういうと、そうでもないし、もっと全体をパックとして捉えないといけない。

「文章を書く」のがスキなのは、実は会社に勤めていることによって、文章を書く時間が制限されていたり、経済的な安心感があるからかもしれない。

そうなると「会社辞めるか、辞めないか」という二者択一ではなく、現時点では、「会社も辞めず」、「文章も書く」というのがベストなのかもしれないっていうことです。

両方同時にやるというか。

自分で「割合を増やしてもOK!」という確信が持てれば、ドンといってもいいと思うんですけど、自分の中でまだ迷っている段階なのに、「やりたいことは1つにしなきゃ」とか思って、早まって無理に1つに選択しなくてもいいと思うんですよ。

決められないうちは、どっちもやっていればいい。

それに付け加えて言うと、

本当に「やりたいこと」、「スキなこと」って、自然なモノというか、
なんだか知らないけどいつの間にかやってしまうことで、
決して「よいしょ」ってやることじゃないと思うんですね。

だとすると、「やりたいこと」、「スキなこと」って、

会社で働いているからできない
時間がないからできない
お金がないからできない
家族がいるからできない

ではなくて、そんな大変な中でさえも時間作って思わずやっちゃうことだと思うんです。

 

別にガンバラなくても。だってスキなんだもん。

 

だから、もしあなたが「いつか状況が整えばやる」と言って、長い間やっていないのだとすると、
もしかしたらそれは、あなたが本当に「やりたいこと」ではなくて、あなたがそれを「やりたいと思いたいだけ」なのかもしれない。

ということなんです。

例えば、「会社を独立したい」と思っている人が、ずっと独立できないでいることを悩んでいる時に、
「もし今の会社の人間関係が良かったら、会社辞めませんか?」ってお聞きすると、「ハイ」とか言われる方、結構多いんですよ。(笑)

これって明らかに「会社を独立したい」は、この人の本当にやりたいことじゃないですよね。

「会社を独立したいと思いたいだけ」というか、それによって自分で余計な悩みまで作り出しているんですよ。

だから自分の本当に「やりたいこと」、「スキなこと」を見極めるって大切だなぁーって思うんです。

ということで、最初に戻りますが、

前世療法で
「自分が何をしたらいいのかわからない」
「何のために生きているのかを知りたい」
「自分の役割はいったいなんなのだろう」
というテーマで前世を見た人にどんな前世が見えたと思いますか?

ある人は、同じ夢を持つご主人といっしょにまわりに光を与えていく前世の自分を見ることができました。

そして、勇気があり夢を叶えた前世の自分から自分の意志を引き継いでもらいたいというメッセージをもらわれ、その後なんと、スピリチュアルカウンセリングを行うプロになられました。

またある人は、前世の自分はいつも明るくて笑顔で無邪気で子供っぽい人間だった。

でも、子供っぽすぎて周りの人に迷惑をかけている。
そんな自分を見たことで、これからは、もっと人の気持ちを聞いてあげてやさしくしていきたいと強く感じたそうです。

他にもたくさん事例はありますが、前世療法を行うとついつい一つのことばかりに気を取られる自分を冷静に前世の自分が見つめてくれるのです。

つまり、自分を客観視することができるようになる。

一つのことにしばられていた自分にきづくことで、
はじめて自分が何をしたらいいのかが見えてくる。

さてさて、今日もずいぶん長くなってしまいましたが、
あなたは自分自身を客観的に見ることができていますか?

もし、なかなか見れないという方がいらっしゃいましたら是非前世療法を試してみてください。

きっと何かが見つかると思いますよ。

それでは、今日も最後までありがとうございました。
笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

【お知らせ】
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です