2017/10/16

奇跡のリンゴ 木村秋則さんの成功の法則!

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

gf2230121736o

●奇跡のリンゴ 木村秋則さんの成功の法則!

おはようございます。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

昨日、「奇跡のリンゴ」で有名になった
木村秋則さんの本「バカになればいい」を読み返してみました。

木村さんの手書きによる36選
一つ一つの言葉が心に響く。

ひとつご紹介させていただきます。

「あきらめない」

あきらめることは簡単。
継続することは難しい。

なんでもすぐあきらめてしまう人は
やることが一つしかないと思ってあきらめてしまう。

あきらめてしまう人は視野が狭くなっていませんか?
自分が思っていることが全てだと誤解しているかもしれません。

物事を広く見ると
他人の話に耳を傾けることができるんです。

継続するためには、
見方を変えることが大事。

ただ、同じことを
繰り返しているだけじゃなくて
少し変えて物事にむかていくことが必要なんですね。

押してもダメなら引いてみろっていうでしょう。

出典:リンゴ農家木村秋則
「バカになればいい」

木村秋則さんは11年に及ぶ無収穫・無収入の苦難を乗り越えて
無農薬・無肥料栽培に成功した実績をお持ちです。

だからこそ、心に響く重い言葉。

「奇跡のリンゴ」の映画の中でも
木村さんは無農薬栽培を行うために
ありとあらゆる方法を試していきます。

そして、効果のある方法を探っていくんですね。

あなたは、いかがでしょうか?

もし、今夢を持っていたとして
その自分のやりたいことに向かって
ありとあらゆる方法を試していますか?

僕は以前、やり方は一つしかないと思っていました。

一生懸命考えて、「これだ!」と思ったことに挑戦してみる。

でも、結果が出なければ、やっぱりダメだ。
とあきらめてしまう。

ここでいつも考えていたこと。

『自分には向いていない』
『自分には才能がない』
『どうせ俺なんて…』

うまくいかないことを
すべて自分が悪いと自分のせいにしていました。

そして、あきらめる。
また、新しいことにチャレンジするんです。
お金をかけて…

でも、違うんですね。
本当は自分に向いていないわけでも
才能がないわけでもなかったんです。

ただ、やり方が違っただけ。

やりかたっていっぱいあるんです。
たくさんチャレンジして
ぜひあなたに合うやり方を見つけてください。

その時きっとブレイクスルーが起こります。

先日、僕のコーチングを卒業した元クライアントさんから連絡がありました。

「今心が沈んでいるんです。。」

僕のコーチングを卒業し
バリバリ仕事をこなしてきた彼女
でも、今年の4月からちょっと休憩するために
お仕事をセーブし自分を見直す時間を作った。

すると、だんだん自分が何をやりたいのかわからなくなってきた。
「何をやってもやる気が出ないんです。」

ブログを書こうと思っても
何も書くことが思いつかない。。

なんでこんなことになってしまったんだ。。。
と自分を責め、責めることでさらに落ち込んでいき、何もできなくなっていく。

木村さんの本にもあったように
こうして落ち込んでいるとき
人はどんどん視野が狭くなってきます。

僕がカウンセリングやコーチングで行うのはこの視野を広げる作業です。

自分とは違う視点で、自分を眺める時間を作る。
そうすると、すぐにいろんな解決策が見えてくる。

「自分を見つめる時間を作ることが大切だ」そんな話を聞いたことがある人も多いと思います。

僕もクライアントさんによくそれを伝えます。
でも、多くの人がこの自分を見つめる方法を間違って行っている。

「自分を見つめる」と言って見えてくるもの。
多くの人がダメな自分を見つけます。

あれもできていない
これもできていない
なんで・どうしてこうなってしまったのか

そうやって自分を責めて、自分を見つめた気分になる。

でも本当は、自分を見つめるってそんなことをするんじゃないんです。

だって、自分を責め続けたら間違いなく落ち込みますよ。
そして、それが長く続くと病気になる。

本当の自分を見つめる作業は
素晴らしい自分を見つける時間を取るということなんです。

自分は今こんなことができるんだ
こんな仲間がいるんだ
こんなに素晴らしい家族に囲まれている
自分には価値があるんだ

そうやって、まずはしっかりと自分の本当の価値に気づく。
そして、価値ある自分で、視野を広げていくんです。

どうしたらこの悩みから抜け出せるのか?
どうしたらこの夢を叶えることができるのか?

あきらめずに、ありとあらゆる方法を試していく。
その先には、成功しかありません。

でも、やっぱり一人で自分を見つめるって結構難しいです。
すぐに人と比べできていない自分を責めてしまうんです。

僕はカウンセリングでこの自分を見つめるお手伝いをさせてもらっています。
狭くなった自分の視野を広げる作業。
それがカウンセリングなんです。

カウンセリングで違う視点から自分を見つめることができた時
そこに新しい解決策が見えてくる。

もし、今あなたが思うようにならない現実に押しつぶされてしまいそう。
そんな状況にあるのであれば、
ぜひ、カウンセリングにチャレンジしてみてください。
きっと何かが変わりますから。。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

【お知らせ】
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です