2017/04/24

大失敗しました!そんな自分を好きになる方法!

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

大失敗

●大失敗しました!そんな自分を好きになる方法!

おはようございます。。
心理カウンセラーの今泉智樹です。

昨日は、ヒプノセラピスト養成講座初日
いきなり大失態!

遅刻しました(^^)/

はじめてです。
会場についたらみんなそろってた(+o+)

以前の私では考えられない。
必ず30分前にはついていました。

窓を開け、会場を作って、音楽を鳴らす。
気のいい場所を作って最高のスタートを切る。
これが、大切なことだと思っていました。

いや、今も大切だと思っています。

でも、道に迷ってしまったんです。

いつもとは違う駅に降りた僕、こっちだと思い込んで歩いていたら全くの逆方向。

「おいおい!」って感じです。

 

でも、こういう失敗をすると大変失礼ですが、ちょっとうれしい自分もいるんです。

 

昔の僕は本当にきっちりとしておかなければ嫌でした。
「ちゃんとできない自分には価値がない。」そんな風に思っていました。

そう思っている時、ちゃんとできなかったら「なんて自分はダメなんだ。」そうやって自分を責めました。

そして、もう二度と失敗しないために、正しい方法を考えて、新しいルールを作りました。

「○○しなければならない!」

そんなルールが僕の中にたくさんありました。
でも、それが僕を苦しめていた。

ルールで縛り、できない自分を責め、人の目を気にして生きる。

誰のための人生だろう?
なぜ今世生まれてきたんだろう?

だから、決めたんです。

自分の人生、自分のために生きるって。

 

何かを判断する時、どっちが正しいだろうか?と以前は、正しさを自分のものさしに使っていました。

 

こうした方が効率がいい
こうしなければならない。
それが嫌でも、それが正しい。

その正しさを手放したんです。

だって、僕が握りしめていた正しさが、「僕にとっての正しさである。」ということに、気づいたんです。

人から見たらそんなことはどうでもいいことであったり、逆に不愉快な気分にさせたり…

正しいというものさしは、自分だけではなく、他人までも苦しめた。

今はそのものさしを変えました。

 

今の判断基準は「どっちの自分が好きか」

 

何かを決める時、「どっちの自分が好きかな~」と思うようにしているんです。

例えば、昨日、遅刻して、みんなを待たせてしまった時

すいませんオーラいっぱいで謝りまくっている自分と
ごめーーんって謝りながら博多から買ってきたおみやげ「通りもん」をお詫びにって笑いながら配る自分。

僕は後者を選びました。

毎日書くと決めたメルマガを「今日は時間がないな~」
「もう今日は書くのやめようかな~」という思いが浮かび上がった時

やめて自分に言い訳している自分と、それでも書く自分どっちが好きか??

好きな自分を選択する。

これを繰り返すとどんどん自分のことが好きになります。

僕は自分を満たさなければ、人と癒すことはできない。いつもそう思っています。

自分の力を最大限に発揮するためいつも自分を好きでいる。
最近そんな生き方ができるようになってきた気がします。

ということで、長い遅刻の言い訳は、このぐらいにして、今日の講座の準備をはじめます(^^)/

今日は絶対に遅刻しないぞ~

よろしくお願いします。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日もあなたのまわりが笑顔でいっぱいになりますように。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です