2017/04/24

前世療法 ブライアンワイス博士の講演会 福岡

af0170018308o

●前世療法 ブライアンワイス博士の講演会 福岡

おはようございます(^^)/ 
心理カウンセラー「ともきん」こと今泉智樹です。

昨日は、前世療法を世界中に広めた
ブライアン・L・ワイス博士の福岡講演会

スタッフとして参加させていただきました。

17時開場なのに16時にはもうたくさんの人が並ばれていて
最終800人くらいの人が参加されました。

2011年一緒にワイス博士のところで学んだ仲間も
北海道や東京から来てくれていて
久しぶりの再開も嬉しかったですね~
 

こんなにたくさんの人が前世療法に興味を持っているんだ。

 

あらためて、ワイス博士のすごさを感じました。

ブライアン・L・ワイス博士
御年70歳

もうこの前世療法を35年やっている。
そう言われていました。

もともと、そんなことを信じない側にいた自分
それが、キャサリンというクライアントと出会ったことで
この前世という存在を認めざるを得ない状況になる。

西洋では、この生まれかわりという考え方がないそうです。
だから、これを表に出す時
ワイス博士は本当に悩まれました。

だから、最初に前世体験をしてから出版するまで8年間の年月が必要だった。
昨日もそんなお話しをされていました。
 

どのくらいの覚悟が必要だったんだろう?

 

昨日は冗談交じりに、
まだ子供も小さかったし
住宅ローンも残っていたし…
と言われていましたが、

本当にそこには大きな覚悟があったはずです。

でも、何がなんでも自分がこれを伝えなければならない。
その思いが、今形となって
福岡の講演会で800人の人が集まるまでになっている。

自分の使命を生きる。
これが本当に大切なんだ。

昨日、あらためてそう感じました。

じゃあ、僕の使命は何なのか?

あなたもひょっとするとそう思うかもしれません。

ワイス博士のような劇的な使命との出会いがない。。。

でもね。
僕たちの魂は知っているそうです。
僕たち一人一人に進むべき道がちゃんと決められている。
 

時間は過去から未来へと流れていく。それが当たり前。

 

でも、僕たちは進むべき道は決まっていて
そこから、今、いろんな出来事が起こっているんです。

意味わかるかな?

こうなるんだ。と決まっていて、
そこに行くために今、さまざまな出来事が起こっている。

つまり、未来から過去へと逆の流れになっているんです。

でも、そこで僕たちがどういう行動を取るか
その選択は自由なんです。

飯田史彦先生の本
「生きがいの創造」PHP研究所では、

僕たちは人生計画を決めてこの世に生まれてくる。
そう書かれています。

そして、自分で自分に与えるべき
いくつもの問題が、人生の
最適な時期に生じてくるように
「自動発生装置」を仕掛けている。

その問題が生じた時に
「良心的な、愛のある、前向きの解決方法」を選ぶか
「良心的でない、愛のない、後ろ向きの解決方法」を選ぶか

大きく二つの種類の選択肢を用意している。

フローチャートの分かれ道のような感じですね。

その問題が起こった時
「良心的な、愛のある、前向きの解決方法」
を選択できた人は

もうその課題はクリアです。
そして、次のステージに進んでいく。

何を言いたいかというと
自分の使命がわからないという人も
別にわからなくていいんです。

どうせ起こってくる事象は
自分の使命に向かって起こる出来事です。

だったら、
今、何かが起こった時に
ただただ「良心的な、愛のある、前向きの解決方法」を選択すればいい。

 

逆に考えると未来がわかってしまうとダメなんです。

 

だって、そうですよね。
例えば、将来自分が○○になる。
それが、わかったとしますよね。

3年後にこうなりますよ。
そう言われたらどうなると思いますか?

当然、僕たちは、そこに向かって進むと思います。

ということは、
それ以外の体験をしそこなう恐れがある。

この世は体験の世界です。
体験するために生まれてきている。

だから、その体験をしそこなうのは
魂を磨くという目的の逆をいくものになってしまうんです。

 

ワイス博士は昨日「僕たちは死なないんだ」
そう言われていました。

 

いや、肉体は死にますよ。
でも、魂はしなない。

何度も何度も生まれ変わって魂を磨き続ける。

だから、魂的には
今世で何かの目的を達成する必要もないんです。

いやいや僕的には
今生きているうちに何かをやり遂げたいですが…(笑)

いかがでしょうか?

自分の使命を生きるということは
つまり、今、目の前に起こることに対して
「良心的な、愛のある、前向きの解決方法」を選択するという事です。

ただそれだけ。

魂の計画を今人間である僕たちが知っても
壮大すぎてきっと理解できないと思います。

ただただ今を生きる。
これでいいのではないでしょうか。

昨日、スタッフの特典として
最後にワイス博士と一緒に写真を撮らせていただきました。

そして、握手させていただきました。

ワイス博士は、前世療法のウエイティングリストが5000人を超えているそうです。
だから、もう僕の残された人生では対応することができない。

だから、いろんな方にこの前世療法をやってもらいたい。
そう言われていました。

ワイス博士と握手していただいた
あの優しいエネルギーを
僕もこれからたくさんの人に伝えていきたい。

昨日、改めてそんな思いになりました。
よし!前世療法がんばるぞ~(^^)/

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も笑顔いっぱいの一日になりますように。。。

 

●前世一日ワークショップを開催決定!!

●前世療法を無料で体験してみませんか?

 

【お知らせ】
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です