2017/04/24

インナーチャイルドワークとは?

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

風船を持つ小学生
●インナーチャイルドワークとは

おはようございます。
心理カウンセラーともきんこと今泉智樹です。

連日カウンセリングをやらせてもらっています。

やって思うのはやはり
多くの人が子供の時の記憶が
今も自分を苦しめているということ。

子供のころ
お父さんが本当に怖かった。

怒られ殴られ…
そんな日々を送った人は

当時、いかにして父親の機嫌を
損なわないか、必死に考えて
気を使い、気を使い生きてきました。
 

そんな人とお話しすると
当然のように今も必死に気を使っておられます。

 

人の目が気になり
集団の中にいても
いかにして、目立たないようにするか。

そんなことを考えている。

そして、そんな方に子供時代の
お話を聞くと、確かに父は暴力的だった。

そのことは認めますが、
必死でお父さんをかばおうとします。

いや、本当はそんなに悪い人じゃないんですよ。
私が悪かったから躾のために…

 

子供の自分から見たら、親って完璧な人なんです。

 

その完璧な人が怒っている。
当然のように「自分が悪いんだ。」
そう思うようになるんです。

私にも子供がいますが、
子供が幼かった頃の自分を思い出すと
とてもじゃないですが、
完璧な人間なんかではありません。

未熟も未熟…(笑)

だから、もし今もあの過去の嫌な出来事が
自分を苦しめているのであれば

「私は悪くない」

そう言ってみてください。
言っていいんです。

あなたは十分がんばってきました。
もうその荷物おろしていいんです。

 

あなたはもう大人です。

 

自分でなんでもできるようになりました。

一人で生きていくことも
出来るようになったんです。

だから、まずそのことを認めて
そして、あなたの内側を覗いてみてください。

あなたの中にはあの傷ついた
おさないころのあなたがいます。

そして、今でも必死に
あの頃と同じように
頑張っているんです。

本当はみんなとワイワイ楽しく過ごしたいのに
集団の中でなるべく目立たないように…
とふるまっているのは、

今のあなたではありません。

あの頃のあなた
今もあなたの内側にいる
幼いころの傷ついた自分が
そうしているんです。

だから、その子によくがんばったね。
そう声をかけてください。
そして、抱きしめてあげてください。
「もういいよ」って。

今、もしあなたが苦しい状態であれば
まずは、自分の内側にいる
あの幼いころの自分を癒すんです。

それができた時
今の現実が変わり始める。

 

こうして自分の中にいるもう一人の自分を癒すことをインナーチャイルドワークと呼んでいます。

 

これは、ヒプノをやっている時に
よく使う方法です。

でも、自分でもできますよね。

今、目の前に、思うように行かない現実がある。
そんな時、自分の内側を覗いてみる。

きっと、傷ついた幼いあなたがいるはずです。
だから、その子を認め、その子を癒していく。。。
 

先日、メルマガ読者さんから

 
インナーチャイルドを癒す行程が、自分を我儘にしてしまいそうで怖いです。
というコメントをいただきました。

この方がどんな状況なのか?
全くわかりませんので、
これが良いとか悪いとか
そんな話ではないのですが、

ただ、この一文を見て言えることは、
この方には、我儘はいけないことである。
という思いがあるようです。

最初に、子供の時の記憶が今も自分を苦しめている
と書きましたが、

こうして、いろんな経験を積み
その時、その時にいろんな価値観を僕らは身につけていきます。

その価値観が、未来の自分を縛るのです。

我儘はいけないことだ。
という価値観は、
当然、自分のわがままを許しません。
そして、周りにもそのものさしを使ってみるようになる。

じゃあ、我儘でいいのか?
そんな質問が来そうですが、

我儘したいと思えば、我儘すればいいんです。

我儘をすれば、した時の経験があり。
しなかったら、しなかったときの経験がある。
ただ、それだけ。。。

でも、なぜ、インナーチャイルドワークを行うのか?
それは、今の自分が苦しいからなんです。
過去に身につけた価値観に縛られて

本来、楽しむべき今ここが苦しい状態である。
だから、やるんです。

わがまましたかったらすればいい。

そこに新しい学びがあるはずです。。。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日もあなたのまわりが笑顔でいっぱいになりますように。。。
 

【お知らせ】
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です