2017/10/14

あなたのカウンセリングの進め方間違っていませんか?

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます。
カウンセラーのスキルから集客まで
独立・開業をサポートする
カウンセラーの家庭教師@今泉智樹です。

昨日は養成講座卒業生たちの
勉強会を開催しました。

月一回開催の勉強会

実は、ずっとこれをやりたい。
そう思っていたのですが、

なかなか環境も整わず
やっと昨日スタートを
切ることが出来たんです。

この勉強会ではクライアントが
相談に来られた時、
その人の悩みの原因を見つけるための
カウンセリングを練習します。

私はヒプノセラピーという
心理療法を使って
クライアントの悩みを解決していきますが、

そのヒプノセラピーをやる時は
必ずテーマを持って、
そのテーマを解決することを目的に
ヒプノセラピーをやるんです。

だから、来られてまず
「今日はどうされましたか?」
と今の悩みを聞いていきます。

そうすると、当然クライアントは
悩みを打ち明けてくれるのですが、

残念ながらほとんどのクライアントが
自分がなぜ悩んでいるのか
その本当の原因を知りません。

例えば、

「うちの主人がずっと浮気してるんです…
もう苦しくて苦しくて…
何とか浮気をやめさせたいのですが
どうすればいいでしょうか?」

こんなクライアントが来たら
あなたならなんと答えますか?

では、ご主人を連れてきてください…

では、問題は解決しませんよね(笑)

悩みの8割は人間関係とも言われます。

ということは、
そこには相手がいるわけで

「相手が悪いから…」
そうなりがちなんです。

でも、主人が悪いから
上司が悪いから、恋人が、同僚が…

といくら相手を恨んでも
悩みは解決しません。

そして、その人が目の前から
いなくなったとしても、
また同じような人が現れると
同じように悩まなければならない。

だから、同じような人が現れても
大丈夫なように、
あるいは、もう同じような人を
引き寄せないように自分を変える必要があるんです。

悩みの原因というのは
すべてその悩んでいる本人の中にあります。

だから、カウンセリングでは
まず、その原因を突き止めます。

そのクライアントの
どの考え方・価値観が変われば
その問題がなくなるのか?

それが明確になれば
そのカウンセリングは
もう8割は終わっていると言っていいでしょう。

あとは、その悩みの原因を手放せばいいのです。

私のカウンセリングは
まず、相手の悩みの原因を
突き止めるための
事前カウンセリングと

そこで出てきた原因を
手放すための
ヒプノセラピーという
二段構えで行っていきます。

あなたのカウンセリングが
どういう心理療法を使われるのか
それは、わかりませんが、

必ず、その悩みの原因を突き止める
事前のカウンセリングは行うはずです。

この事前カウンセリングさえ
うまくできれば、
もうそのカウンセリングは
成功したも同然です。

ということで、
ちょっと今日は長くなってしまったので
この続きは明後日私の無料メルマガ
【カウンセラーの家庭教師】まずは半年で月収30万円カウンセラーになる!
の中でお伝えしていきます。

ぜひ、楽しみにしていてください。

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
あなたのカウンセリングビジネスがうまくいきますように。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー 今泉智樹 ヒプノセラピー(催眠療法)を専門に対面セッションだけでなく、スカイプ・携帯電話を使ったセッションで全世界にクライアントを持つ。著書「カウンセリングの技術」はカウンセラー以外の人にも心の本として大人気。潜在意識の声を引き出すカウンセリングはクライアントの悩みを解消してくれます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です